思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和訳洋書のタイトルがひっかかる

皆さん 本読んでますか?

井上陽水が出ていた日産セフィーロのCMみたいな導入で始めてみましたが
今回気になったのは「和訳洋書」 つまり海外本の翻訳版です

英語で言えばかっこいいのに 無理に邦題をつけたものだから
なんとなくおかしいニュアンスや変なイメージがつきまとうのです

というわけで 学校の図書室にて人目を気にしながら写真を撮ってきました
ご覧下さい



febook-01.jpg

ヴァージニア・ユウワー・ウルフ著 「レモネードを作ろう」


最初見たときは料理本か何かかと思いました
にしてはレモネード専門の指南書というのも幅が狭すぎる気がします

ただ調べていくうちに どうもこの本はドキュメント系感動作らしく
中身も読まずタイトルだけにツッコミを入れるのも肩身が狭いですが

原題である「MAKE LEMONADE」のロックンロール具合と
邦題「レモネードを作ろう」の対比にはズッコケずにいられません


febook-02.jpg

マーガレット・マーヒー著 「めざめれば魔女」


これは語感的に「ふりむけばヨコハマ」系統のニオイがします
関係はありませんがアグネス・チャンの日本語が上達しないのは何故だろう

中身も想像するにカフカの「変身」っぽいのではないかと思うのですが
例によって中身も見ずにタイトルだけで勝手なことを言っています

この表紙絵もなかなかのインパクトを誇っており
クイーンのブライアン・メイみたいな髪のボリュームが印象的です


febook-03.jpg

ブリジット・ペスキーヌ著 「なんとかなるって!」


ものすごい頼りない奴に相談事をしたときに返ってくる言葉のようです
とにかく励ましてやろうという気持ちは分かりますが どうも身を委ねることができません

ただこんな適当な言葉でも 無性に投げかけて欲しくなる時というのはあります
今現在の自分が まさにそれです

これだけ写りの悪い写真でも 文字が読めればなんとかなるって!


febook-04.jpg

ジャック・ファンスタン著 「ママが死んだ」


もう気の毒になるしかないタイトルと体育座りの男の子
重い内容なのはもう確実ですが なにも読む前から暗くさせなくても

上に挙げた「なんとかなるって!」は この子に言ってあげてください



というわけで 全く本文も読まずにイメージだけで色々書きました

一応調べてみたところ どうもシリアス系の内容が多いようで
それだけにこの何とも言えない題名が目立ってしまうのですが

タイトルというのはいわば本の「顔」であり
そこで読み手の心を掴もうという 翻訳者の狙いに

私はまんまと乗らず タイトルのみに興味を示してしまったわけです


実に邪道な本の楽しみ方であり 原作ファンに石でも投げられないか心配ですが

そこら辺はまあ なんとかなるって!
スポンサーサイト
  1. 2006/12/15(金) 21:19:07|
  2. 実験・調査
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クルトンを主役に据える

クルトン ― それは時としてスープに浮いていたり
シーザーサラダに乗っていたりする あの四角く小さいパンである

普段は特に気に留めないが 無ければ無いで物足りなさを感じる存在
いわば「名脇役」であり 俳優で例えれば生瀬勝久氏と言えよう

しかしそんな生瀬氏も 最近ではNHKの「サラリーマンNEO」で主役級の活躍をしている
ならばクルトンだって 主役を張るだけの実力があるのではないだろうか


半ば強引な導入の仕方ですが 一度そう決めた以上
クルトンが主人公になれるよう 精一杯の演出をしてみました


DSC03355.jpg


これがそのクルトン 300グラムで198円でした
主原料は小麦粉 その他調味料が入っています

表記された「No.8」が何を指しているのかは分かりませんが
「ラブポーションナンバーナイン」や「悪の教典#9」とは関係無いと思われます


まずは下調べとして役者の素質を調べるべく
そのままのクルトンを食べてみます


DSC03356.jpg


これがその光景です
(プライバシー保護の為 顔にマスクを掛けてあります)

ちなみに雰囲気がアンニュイなのは天気のせいです

肝心の味ですが 慣れ親しんだサクサク感と塩味
そしてほのかで素朴な甘みがあり 意外にもイケました


これを更に活かすべく 調理に取り掛かります

タマネギとベーコンを炒めて クルトンを適当量投入
たっぷりのケチャップで味を付けて 完成です


DSC03358.jpg


作り過ぎました 「クルトンとベーコンのイタリア風炒め」
ベーコンの塩味とトマトの風味がマッチした ボーノな一品です

なのですが 一緒に試食をしていた妹が放った一言
「これ ピザトーストだよね」という意見は否めません


次はちょっと早めのデザートに移ります
砂糖水を煮詰めて粘りけのある泡が出てきたら クルトンを絡めます


DSC03359.jpg


今度は少な過ぎました 「クルトンのかりんとう風」
全く危険性の無い食品を使っているため 当たり前のように美味しいです


この後もとろけるチーズを乗っけたり(これこそピザトーストだ)
色々と試行錯誤してみましたが いまいちピンと来ません

どれも美味しいのですが クルトンが本来居るべき場所ではない感じがして
これでは折角の才能も埋もれたまま 不遇の人生に成りかねません

クルトンの存在しうる環境で 尚かつ主役を食ってしまえるシチュエーション

と言うわけで


DSC03360.jpg


コーンスープの上に クルトンをこんもり入れてみました

これならクルトンも活きるし 主役と言わざるを得なくなるはず
だったのですが


DSC03362.jpg


まったくスプーンが進みません

というのも クルトンが水分を吸いまくってカリカリ感が無くなり
最終的には歯ごたえが皆無の なんかズルズルする食べ物と化したからです

クルトンもスープもお互いの持ち味を相殺しあう結果となり
両者共倒れ 取り直し不可能といった状況になってしまいました


考えてみれば 無理矢理クルトンを主役に仕立て上げ
結果として選手生命を断つようなマネをする必要も無かったのです

頂点には登らずとも 高見盛関や北桜関のように
土俵を沸かせるには欠かせない脇役も存在するのでした

それを忘れて横綱を目指した私 クルトンに無理をさせてしまったのかもしれません


そんな紆余曲折があり 現実に立ち返った私が直面した危機は

未だに半分近く残っているクルトンをどうやって処理するのか
その一点に絞られています
  1. 2006/06/10(土) 23:32:34|
  2. 実験・調査
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

節分特別企画 アレの数を数える

冬型の気圧配置と上空の換気が影響して雪が降り
ホワイト節分となった今宵 いかがお過ごしでしょうか

で 節分なのですが
風習として「年の数だけ豆を食べる」という伝えがあります

この「年の数」というのがクセモノで
具体的な数量を示してくれないと買いにくい という人もいるかと思います

というわけで 1袋に入っている豆の数を数えてみました


DSC03310.jpg


これが今回使用した 小林製菓の「福豆」です
(小林製菓は 広島では有名な豆菓子メーカー)

まるで「眉毛」という概念を覆すかのような黒い太線を
顔上部にたたえた鬼さんがプリントされています

ちなみに140グラム入りと表記されていました


早速 数えていきます
が 実に地味な作業なので文字に表すのは困難です

敢えて書こうとするならば
全体の3分の1くらいを数え終えたときに ふと

「もっと小さいのを買っておけばよかった」

と 頭の中に去来したことくらいでしょうか


そんなこんなもあって 数え終えた豆がこちらです


DSC03311.jpg

(画像をクリックすると結構でかい画像が出てきます)


その数ざっと491個です

面積の比較対象として携帯電話を置いてみましたが
伝わるでしょうかこの迫力が

ちなみに私が現在17歳なので 節分に年の数だけ食べるとして
491個を食べ切るには 実に19年もの歳月を必要とします

これらのデータを元に 年の数だけ食べるにはどれくらいの量買えばいいのか
参考にしていただけたらと思います


ただ ひとつ引っかかっているとすれば

もっと早くにこの調査をやって 執筆しておけば
今年の節分に間に合うようなデータが出せたのにと

後の祭り
  1. 2006/02/03(金) 23:08:16|
  2. 実験・調査
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

我流

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。