思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある秘技

自転車に乗るとき サドルの位置で困りますが
小学生の時は 足先が少し付く程度の高さにしろと言われました

これがまた安定せず 止まるときも落ち着かず
納得のいかない指摘だったわけですが

先日 これについてのある発見をしたので発表したいと思います


動物というのは 状況への対応として時に「進化」を選びます
キリンが高いところの葉を食べるために首を伸ばしたのが 良い例です

この「進化論」についてや諸説や根強い反対意見もありますが
ややこしくなるうえ 私もあんまり理解していないので無視します

とにかく 人間を含め動物は
状況に合わせて体を発達させる不思議な機能を持っているのです


そこで 微妙に届かない足です

進化論に基づいて 届かない足はどうすれば届くようになるのか
足を伸ばせば良いのです

つまり 足の付かない状態でいれば 足が伸びるということ

実際に(これが要因かどうかは知りませんが)私は
去年1年間で 足が1,2センチ伸びています

(身長は2センチしか増えていない)


結論とすれば サドルの高さにおける現代教育は
足の短い日本人のコンプレックスをなんとか克服させようという

熱い魂のこもった指導の賜物であったのです


さぁ 君も明日からサドルを高くして
来るべき夏に向け ライバルに差をつけようぜ!
スポンサーサイト
  1. 2006/02/21(火) 23:03:25|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

我流

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。