思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

激突! 島根VS鳥取

今日は母の体験した ちょっと不思議な話です


母と私が通っている 整体院の先生が
前にも日記に書いた 内場勝則と何かを足したような人なのですが

母が院に言ったとき 妙な事を言い出したのです

「○○さん(母ね) 最近小さな子供を見かけませんか?」


確かにうちには 私を含め3人の子供が居ますが
一番下ももう小6生なので「小さな」という表現は使えません

そう思ったのですが 先生の言い方に何か含みを感じたのか
母は「はぁ……」とお茶を濁すような返答をしたのです

すると先生は更に不思議な一言を

「僕ね ○○さんが子供を連れてきてるのを見たことがあるよ」


重ねて言いますが 一番下の弟は小学6年生
しかも先生は その弟の顔すら見たことがないはずです

そこで母が思い出したそうです
うちの家には 4、5歳くらいの男の子が住んでいることを

もちろん その男の子の歳が増えることはもう無いのですけれど


更に先生の言うことには その男の子の姿格好
(丸坊主で ランニングシャツに半ズボンを着ているらしい)

うちが建っている土地で 原爆によって死んだ子供であると
はっきりとした口調で言い放ちました

母の見たことがある男の子と合致していました

ちなみに言うと 私の後ろにも時々着いてきているそうです


別に悪意があって住み着いている訳ではない(らしい)し
霊感の全く無い私には見えないので 困ってはいないのですが

母より更に霊感の強い叔母に聞いてみたところ
「その男の子で間違いない」と これまた強く言われたので

居るところには居るもんだな と妙に納得してしまったのです


あ 今日の日記にはオチが無いね

目薬をさすのに失敗して口に入ったんだけど 大丈夫かな
スポンサーサイト
  1. 2006/02/24(金) 23:10:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

我流

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。