思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そりゃ困ればCDレビューですよ

cofcatb.jpg

CRADLE OF FILTH 「鬼女と野獣」

先日から宣伝のように書きまくっているバンド クレイドルオブフィルスの3rdアルバム
「処女の生き血を浴び永遠の若さを求めた女性」というコンセプトの下
音から声からブックレットの隅々まで耽美かつグロテスクな世界観が広がっております
だのにこの手のメタル音楽として格段に聞きやすいのは
ホラー映画的なエンタテインメント要素の賜物と言えましょう
vo.ダニ・フィルスの高音デスボイスは悪魔の囁き 悲鳴とでも形容すべきか
ブラックメタルの入門 ひいては永遠の名盤として語られるべき一枚


elplag.jpg

EMERSON,LAKE&PALMER 「LADIES&GENTLEMEN」

こちらは70年代初頭に現れた英国プログレロックバンド
エマーソン,レイク&パーマーのライブアルバム 1975年録音
前世代のバンドだからといって侮るなかれ やってる音楽は相当前衛的です
何と言っても選曲が良い 「TARKUS」「TOCCATA」「悪の教典#9」収録
勿論ライブであるからにアドリブも暴走の粋にまで達してます
話によるとキース・エマーソンはオルガンにナイフを刺してノイズを出していたとか
初めてELPを聴く人は「TARKUS」もしくは「恐怖の頭脳改革」からどうぞ
そうしてこの一枚で 彼らの音をより深く体験できる筈です
スポンサーサイト
  1. 2006/04/17(月) 22:11:31|
  2. CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

我流

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。