思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こういう形でW杯に触れ合うか CDレビュー2連発

dmmmt.jpg

DISARMONIA MUNDI 「MIND TRICKS」

イタリアのメロディックデスメタルバンド ディサルモニア・ムンディの3rdアルバム
バンド名はイタリアとラテンの複合語で「世界の不調和」という意味
ジャケットからもうかがい知れるダークさと凶暴性を併せ持った音像です
中心人物のエットレが全ての楽器を担当しているというとんでもないバンド構成ですが
シンガーにはソイルワークでも歌っているデスメタル界の大物 ビヨーンも参加
それにクラウディオというシンガーを含めたツインボーカル体制が一番の特長です
ビヨーンのキレあるデスボイスに クラウディオの伸びやかな歌声が絶妙マッチ
演奏も1人でやっているとは到底思えない完成度で違和感はありません
デスメタルマナーを踏襲しつつも 新たなカタチの音楽を魅せつけた一枚です


axnvrp.jpg

ANOREXIA NERVOSA 「REDEMPTION PROCESS」

フランスのブラックメタルバンド アノレクシア・ネルヴォサの4thアルバム
「神経性拒食症」というバンド名といい 白塗りにスーツのメンバー写真といい
どうにも一時期のヴィジュアル系バンドを彷彿とさせるが 中身は激烈暴虐なデスサウンド
随所随所で効果的に鳴るシンセ音の荘厳さが最大の特長となっていて
邪悪な空気よりかはむしろ ある種耽美調の美しさが目立っています
しかし目をひくのはやはり 日本版ボーナストラックとして収録されている
X JAPANインディーズ時代の名曲 「I'LL KILL YOU」のカバー版でありましょう
デス声かつ激速ですが 原曲に忠実なアレンジなのがファンとしては嬉しいところ
しかしそんな話題性のみに留まらない実力もこの一枚が示している通りです


という訳で 今日はW杯に乗り切れてない自分を奮い立たせるべく
イタリアとフランスの好きなバンドを取り上げレビューしてみたのですが

ヘヴィメタルのバンドしか脳裏に浮かばず(フランスに至ってはこれしか無かった)
イタリア人もジローラモと加藤ローサくらいしか知らないので

午前4時に起きることもなく 普通の朝を迎えようと思います
スポンサーサイト
  1. 2006/07/09(日) 20:37:14|
  2. CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

我流

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。