思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喉が痛いよ!CDレビュー

nmc26.jpg

ASIAN KUNG-FU GENERATION presents 『NANO-MUGEN COMPIRATION 2006』

アジアンカンフージェネレーションが主催する音楽フェス
「ナノムゲンフェスティバル」のコンピレーションアルバム第2弾
ロックファンとしては引っ掛かる参加アーティストが多かったので
友人T氏が買った(と言うより私が半強制的に買わせた)のを借りました

こういうコンピの楽しみ方は「好きなバンドを好きなように聞く」ことと
「知らないバンドを新鮮な気持ちで聞く」 この2つにあると思っているのですが
まさにこれはそのバランスがキッチリ取れた顕著な一例でしょう

まずはアジカンの新曲「十二進法の夕景」はミドルテンポの聞かせるロック
ストレートなサウンドに穏やかさを含んだゴッチのボーカルが印象的です
次にビートクルセイダースの「ANOTHER TIME,ANOTHER STORY」も新曲
カトウのギターリフにケイタイモのキーボードで華を添えるアレンジセンスは毎度々々見事ですが
今回は大人っぽい歌詞と声に ヒダカトオル38歳の熟し切った魅力を感じました

で 初めて聞いたのがチャットモンチーの「恋愛スピリッツ」
今にも壊れそうなアカペラボーカルから 轟音のバンドサウンドに入るイントロは圧巻
ここまで切なさと繊細さと重厚感を合わせ持った歌というのは
ガールズバンドという括りでなくても 過去に例を見ないのではないかと思います
洋楽勢ではドリームステイトの「CHANGE」が一番お気に入り
ピアノ入りのエモロックでメロディセンスが抜群 今後益々伸びそうな可能性を秘めています
元ウィーザーのマット・シャープ率いる レンタルズ「GETTING BY」も
ヘンテコでどこか抜けた でも切ない爽快ロックを聞かせてくれます

いちいち一曲々々書いていくと長くなるので割愛せざるを得ませんが
捨て曲のほとんど無い 一枚通して聞けるありがたいコンピレーションです
ジャンルの幅も広いので 何はなくとも是非聞いてみることをオススメします
きっと琴線に触れるバンドを見つけられる そんな一枚です
スポンサーサイト
  1. 2006/07/20(木) 22:14:26|
  2. CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

我流

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。