思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

餅は餅屋 荻野目洋子は荻野目洋子屋

元々凄まじいまでに夜型だった私の生活だったのですが

受験シーズン突入前にこれではイカンと思い立ち
無理矢理生活習慣を朝方に変えたところ

朝も夜も眠気を感じる体質になりました


まだ11時だというのにこのやる気のない日記が証拠です
スポンサーサイト
  1. 2006/11/30(木) 23:18:33|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

森昌子20年ぶりの再デビュー曲 「バラ色の未来」というのは皮肉か

「おおブレネリ あなたのお家は何処?」

「私のお家はスイスランドよ」


「欧米か!」
  1. 2006/11/29(水) 21:08:31|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

犬上ミタスキー&ハッチ

突然の話ですが私 バンドのボーカルを務めておりまして

(以前に別のバンドに誘われながらも
何もしないまま1日で解雇されたという伝説を持つ私がです)

昨日はそのバンドの発表会(と言うよりライブ)だったのですが


別段目立つ存在というわけでもなく おまけにアガリ症の私が
何故フロントマンとして歌うことになってしまったのか

元々は音楽の授業を選択した5人で担当楽器の割り振りをしたとき
私を含む2人は楽器が何も出来ないという妙な事態に陥り

もう1人は工学に強い男なので めでたくサウンドエンジニアの仕事を得ましたが

私はと言うとストップウォッチの操作も時々間違えるほどの機械オンチ
ギターの弦は3ヶ月で通算4本切ってしまうほどの楽器オンチ

埒が明かないので仕方なくボーカルに登用されました
つまりは「楽器が出来んなら歌え」ということです


幸いにも歌は「まずい方でない」というくらいの自負はあるので
大したハードルも無く(歌詞を覚えないなどの事件はあったが)
無事に職務を全うすることが出来ました(歌詞を間違えるという事故はあったが)

ちなみにセットリストは以下の通り


01 : イントロダクション (ギターS氏が片手間で作ったインスト曲)
02 : みかんのうた (セックス・マシンガンズのコピー曲)
03 : 蝋人形の館 (聖飢魔Ⅱのコピー曲
   ちなみにこの後のMCで閣下にちなんで相撲ネタを出すも共感は得られず)
04 : GOD KNOWS... (某アニメーションの挿入曲 キーボードK氏推薦)
05 : 校歌 (もちろん我が校の校歌 しかもヘヴィメタルアレンジ付き)
06 : 昴 (谷村新司のカバー 異彩を放っていた)
07 : 終わらない歌 (ブルーハーツのコピー ベースS氏推薦)
08 : 月に叢雲花に風 (陰陽座のコピー)
09 : (オリジナル曲 諸事情により曲名は出せないが作曲はギターS氏)
     ~アンコール~
10 : (上のオリジナル曲をもう1回 作詞は友人W氏が特別協賛)
11 : みかんのうた (アンコールが2回もあると思わなかったので焦る)


こうして書き出してみて 改めて思うのは

谷村新司が浮いている
  1. 2006/11/28(火) 22:49:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

乾いた風は喉に悪い

平成18年度大相撲十一月場所雑感


結果から言ってしまえば 横綱朝青龍の独走で幕を閉じた今場所
やはりまだ時代は終わらないのかと 感嘆と少しの残念さが入り交じります

チャンスはありました 特にエンジンのかかり切っていない前半戦
露鵬や普天王が相手の体勢を崩し 優勢に持っていくまでは見受けられたのですが

そこはやはり百戦錬磨の横綱ですから切り替えが早い
逆に言えば 今回は反射神経に頼りすぎる相撲が目立った気もします

この本調子になるまでのラグを突くのが牙城を崩す手だて
だというのは相手力士も重々承知なのでしょうけれど とにかく強い


その横綱への対抗馬として名乗りをあげた白鵬が休場 盛り上がりにイマイチ欠ける中
代役を担い優勝戦線に食い込んだのは 新入幕から4場所目の平幕力士豊真将です

かの鉄人 寺尾(現錣山親方)の一番弟子という紹介も
下関という福岡からごく近い「準ご当所」というタタキももはや必要なし

決して頭を上げず必死で相手に食らいつく確固たるスタイルは
地味ながらもファンの心を捉えた その活躍がようやく日の目を見た感じです

見てもらえば分かりますが ハンパでなく足腰のがっちりした体型なのです
これぞ彼の相撲を支える屋台骨 なんと太さは90cm弱だと言うことです

土台がしっかりしていて 尚かつ自分の相撲が確かに作られていれば
それが最大の武器になるのは もう1人の三賞力士琴奨菊も示す通り


初日から4連敗をしながらも ある日を境に突然人が変わったような相撲を取り始め
終わってみれば10勝5敗という堂々たる成績を残しました

そんな琴奨菊が開眼したのは 両手でまわしを掴み全身で相手を幾度も押す
いわゆる「がぶり寄り」と呼ばれるスタイルなのですが

むしろこれが定着したこその自信が 彼に勢いをつけたのかもしれません
それはインタビューの時にもこらえきれなかった満面の笑みが示していました


結果だけ見れば いつもと代わり映えの無い優勝の光景ですが

来場所や将来を見据えれば 若手の成長というこれ以上無い楽しみを
まざまざと見せつけてくれた大相撲九州場所でありました

来年もこんな喜びがあるかと思うと やっぱり相撲は止められない
  1. 2006/11/26(日) 22:16:28|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメントの付けようがない日記

小豆バーの噛めるポリデント

防煙シャッターを毎朝持ち上げるバイト

デラックス関門海峡

ゴジラ VS 加賀一向一揆

「俺の内蔵が無いぞう」と言えるシチュエーション

阿鼻叫喚・脂肪燃焼地獄

「電車が事故のため 本日の応仁の乱は休ませていただきます」

マッチ箱の横についている薬品を使った銀行強盗

サイバー仏教学部 テクノ坊主学科

ゲルマニウムを練り込んだ鉄製農具

座布団と銀食器を運ぶ 山田隆夫です


何が怖いって こんなネタを学校で延々と考えている私が怖い
  1. 2006/11/25(土) 22:46:17|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

享保の改革 VS 若狭湾

ここ最近はぜんそくと頭痛でお世話になったり
血液検査やインフルエンザの予防接種など 病院にかかりきりの毎日です


それでなくても私の病弱ぶりは高橋幸宏氏に優るとも劣らず
絶えずどこかの器官が傷んでいるのではないかと心配になるのですが

不思議なことに高熱を出したり 大けがをしたことはあまり無く
(あっても学校が休みの日だったりするので目立たない)

本当はいたって健康なのではないかと 不思議に思うこともあります


この現象を 未だ社会を席巻する「ちょい悪オヤジ」になぞらえて
「ちょい(体調)悪」と名付けることにしました

キャッチコピーは 「今 私の身体が熱い!」
(微熱があるんです)
  1. 2006/11/24(金) 23:18:32|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一般的な加熱方法

今日の夕食メニューを一部抜粋します


・ ポテトサラダ
・ 山芋のスライス
・ 里芋の煮物
・ やきいも


見れば見るほどイモ尽くしな食卓

こんなにイモを食べていたのでは 誰かに「イモ侍め」と罵られ
それに怒った私が松の廊下でそいつを切り付けて藩はお取り潰し

切腹した私の無念を晴らすべく47人の志士が吉良邸に討ち入りを決行
見事にリベンジを果たすという事態に発展しそうです


不安は 私に47人も友人が居るのかどうか
  1. 2006/11/23(木) 23:04:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピータン置き場を荒らした45歳逮捕

「源頼朝が鎌倉幕府を成立させたのは 1192年の事だ
この1192を“イイクニ”と語呂合わせして こうして覚えればいいぞ」



『いい国作ろう』 なんて

誰が最初にそんな事を言った?
それともまだ夢を見ても怒られない時代だったのか?

勇気と無謀を履き違えた男達は次々と消えていった
一方で取り残された女達は 次第に暗くなる空を見て微笑んでいた

消えていった男の行方は知らない
ただひとつ 男達の顔に苦悩はひとつも見えなかった事である

手元に残った写真にも 刻まれた記憶にも
満面の笑みを崩さない人間の姿しか写されていない

じゃあ何故私の表情には「笑う」というシステムが組み込まれていないのだろう?

『いい国作ろう』 彼が望んだいい国とはこんな色をしていたのか

全てが廃墟 あの日に戻れても今は既に亡き 『鎌倉幕府』



「これで覚えやすくなったろう」

「長いよ」
  1. 2006/11/21(火) 23:12:37|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言葉売りと切符買い

私の最近の悩みですが ファッションについてです

いや ファッションセンスが無いとかそうではなく(実際ありませんが)
気候に沿っての着こなし方に自信が無いのです


というのも私がひどく暑がりだからであり
11月も後半にさしかかり 平均気温も10℃を下回るようになっても

未だにTシャツの上に薄い上着を羽織っただけで外出できる体なのです

(ただし末端冷え性のため手袋と靴下は必須なのがやるせない)


とは言え年末に向けてガンガン寒くなってくる季節だと思うので
今のままの格好では越冬はおろか 現在の外気でも風邪をひきそうです

ここはやはり 優れた防寒着で冷たい向かい風に対策を立てる必要があります

しかしそれだけでは おしゃれ着としての個性に欠けるでしょう
冬という季節感と派手な色合いも取り入れる冒険も試みたいと思います

その結果がこれです




kameen.jpg


(このネタを2,7倍楽しむ為の参照記事)
  1. 2006/11/20(月) 23:13:11|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

運慶快慶消臭力

タワーレコードでガチャピンが店員をやるそうなのですが
(詳細はコチラ 詳細を知りたいかどうかは別として)

実際ガチャピンは音楽に詳しいのでしょうか


私が子供の頃(幼稚園生くらいだった)は「ポンキッキーズ」も
スチャダラパーや電気グルーヴが出演するアナーキーな番組でしたが

(そういえば鈴木蘭々はどこへ行ったのだろう)

だからといって たかだか恐竜の子供に音楽知識があるとは思えません

ここぞと思って マニアックなCDをガチャピンに探させる意地悪な客も出てきそうです


にしてもガチャピンって でっかいイモムシにしか見えない
  1. 2006/11/19(日) 23:32:43|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

抑揚無くCDレビュー

eknnpcentp.jpg

EL NINO 「PEOPLE CALLED ELNEETPIA」

日本は福岡を拠点とするヒップホップグループ エルニーニョの1stアルバム
自主制作のCD-R「EL NINO」を経て フルアルバムを望む声も大きくなった中で
リリースされた今作は 聞き手にまたもや新たなヒップホップを発見させてくれる出来となりました
不穏当なリリック(歌詞)を無感情なラップで表現するMCのフリーズに
DJのオリーブオイルが作るトラック(曲)は“デジタルジャズ”とでも形容できようか
この2つのドス黒い個性が絶妙に絡み合い ジワジワと聴覚を刺激するような
安易な言葉を使えば「中毒性の強い」音楽性を提示してくれます
「お前のアフロが伸びれば勝ちだ」「風が吹けば俺らが儲かる」(『LOVE EL NINO』より)
など強烈なパンチライン(耳に残る歌詞)が多いのも魅力の1つに間違いありません
ただし非常に「濃い」音楽のため 熱心なヒップホップリスナー以外に
オススメすると ちょっとした取っつきにくさを感じさせてしまうかもしれません


opnldmb.jpg

ORPHANED LAND 「MABOOL」

イスラエルのメタルバンド オルファンドランドの3rdアルバム
多くの人はおそらく「イスラエルのバンド」というソレに縁が無いと思いますが
メタルファンからは「マボールの奇跡」と称されるこのアルバム
一聴しただけで耳を奪われる 噂に違わない素晴らしい一枚なのです
民族楽器や民族歌謡を メロディアスかつテクニカルなメタル音楽に乗せるという
破天荒ながら不思議と耳障りの良い楽曲はインパクト大であるし
薄っぺらさの全くない音作りには緻密なセンスも感じます
何より計算され尽くしたかのような深みのある世界観には
一瞥のみで到底掴みきれない 深遠さとコクが汲み取れること請け合いです
近年はそのクオリティにより辺境のバンドにも注目が集まっていますが
(アンドラ公国のペルセフォネや リヒテンシュタインのエリスなど)
このような傑作がメタルとは無縁そうなイスラエルから出てきたこと
それこそまさに「奇跡」たる所以なのでしょう
  1. 2006/11/17(金) 23:08:12|
  2. CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日休んでこの様か

フレー! フレー! 伊ー勢ー神宮ー!

フレー! フレー! 出ー雲ー大社ー!

フレー! フレー! 氷ー川ー神社ー!



神社エール
  1. 2006/11/16(木) 22:45:29|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャンチャカチャン

18年も生きてきて今日気付いた ちょっと損をしていると思うこと

私は地声が鼻をつまんだときの声とあまり変わらない
  1. 2006/11/14(火) 21:29:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンク色の寝具で見た黒沢年男の出てくる夢

とある事情でノドを痛めて のど飴を買ったのです
そしたらこれが美味しかったので 調子に乗って4つも舐めてしまったところ

急にお腹が痛くなり 苦しみの淵でさまようことに

思い当たるフシがあろうかと 飴のパッケージを見てみたところ
こんな表示が書いてありました


「一度に沢山なめすぎるとお腹がゆるくなる恐れがあります」


…………!
うかつだった こんな初歩的な事を忘れてしまうとは

おそらく普通の人なら「ゆるくなる」程度で済むのだと思いますが
胃腸の弱い私の場合 ダムの決壊寸前まで事態が進行しかねません

何と言うかもう既に腹は痛いしノドは痛いしヒザは痛いし
(ヒザは自転車に乗っているとき電信柱にぶつけたのが原因です)


結局家に帰った後は地盤の緩みも治まり
(とは言えメタンの流出で数人の負傷者は出した)

現在はすっかり落ち着いた状況でパソコンの前に座っています



ちなみに今回の日記で個人的な目標として目指した
「比喩を利用し下品な話を浄化させる」作戦はどう見ても失敗に終わっています
  1. 2006/11/13(月) 23:13:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イージーリスニング・レインコート・ピクニック

ちょっと前に「マイナーな星座」の話をしましたが
その星座というのも 実際カタチが納得できる物は少ないと思うのです

例を挙げて説明すると分かりやすいと思うので
私が所属する「かに座」の絵を描いてみました ご覧下さい


kaniza.gif


これが「かに座」です 嘘だと思うなら調べてごらんなさい(セレブ調)

星座の名前は多くが古代人によって決められたものだそうですが

メソポタミアやエジプトの人がこれをどう見てカニだと思ったのか
想像力豊か過ぎて他にやることも無かったんじゃないのか 軽い疑問です


その上神話として伝わるかに座の由来というのもヒドイ話で
(以下 wikipedia「かに座」のページより出典)


ゼウスの子ヘラクレスは自分の子を殺した罪を償うため12の冒険に出た
そのうちの1つがヒュドラ(うみへび)の退治であった

ゼウスの妻ヘラはヘラクレスの事を快く思っていなかったため
ヘラはカニを使いに出し ヘラクレスの脚を切らせようとした

しかし格闘中のヘラクレスは 全く気付かずにカニを踏み潰してしまった

カニは天に昇り「かに座」となった
ついでにヘラクレスに退治されたヒュドラは「うみへび座」となった


全く気付かずにカニを踏み潰してしまった………

かに座の未来はやっぱり暗い
  1. 2006/11/12(日) 20:21:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

丘男

また勝手な事を言いますが 茶碗蒸しがどうも苦手で
その直接の原因となっているのが 私のプリン好きです

プリンが好きな理由に特筆するほどのものはありませんが

(『好きなら理由が無くてもそれで良いじゃないか』 と以前友人が言っていた
格好良いのでマネしたいのですが 私に恋愛相談を持ちかける知り合いはまだ出現しません)

その大好物であるプリンに酷似しているからこそ 茶碗蒸しの欠点があります


すなわち茶碗蒸しの視覚的効果
固まっていてプルプルしていて薄黄色なのに 塩味

そこはカスタードで甘くあるべきだろと プリン信者である私の体は訴えています

同じような原理により 煮こごりも愛する気になれません


しかしながら プリンにはプリンでまた別の問題が
1人でレストランに行っても プリンアラモードなんて頼めないのです

これはプリンという物体の持つ「かわいさ」の魔力
その大いなるパワーの前に一介の男なんぞは太刀打ちできるはずがありません


とは言え1人でファミレスに行っている時点で 何かを捨てている感じは否めない
  1. 2006/11/11(土) 23:04:38|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我ら感光トリックスター

星占いの星座のうち 個人的に地味だと思うのがいくつかあります

該当する人には申し訳なく思うのですが いて座やみずがめ座がそれです


「射手」 つまり弓を射る人でいわば職業名なのですが
同じ人間でも双子や乙女ほどのインパクトがなく 不特定多数な感じは否めません

「水瓶」という無機質の対比ながら 何故か天秤より印象が薄いのは
おそらく「めざましテレビ」の大塚さんがてんびん座だからだと思われます

(大塚氏は占いでてんびん座が一位だと遠慮無く喜ぶのです)


かく言う私はかに座 高級食材で姿形の想像もしやすく
それほど悪いイメージも無いと思うので 安心していたら

辞書でかに座の項目を調べてみてガッカリ


「黄道十二星座の一
双子座と獅子座の間にあり 3月下旬の午後8時ごろ南中する
光輝は乏しい」


光輝は乏しい………

かに座の未来は暗い
  1. 2006/11/10(金) 22:29:04|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鈴木式農業(アグリカルチャー)

「silly」という英単語がありまして
読み方は“シリー” 意味は“愚かな”というものです

ここまで読んでカンの良い人は 私が「愚かな尻」と
文字通り愚とも付かない語呂合わせで単語を覚えた事にお気付きでしょう


しかしながら この変な語呂合わせ文章が
まんが日本昔ばなしのエンディングテーマ「にんげんっていいな」より抜粋した

「お尻を出した子一等賞」という歌詞をまるで否定しているように思えるのは


興味深い現象です
  1. 2006/11/08(水) 22:09:35|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古い

周りを見回しながら 怪しまれないように売り場へ行き
カメラが無いことを確認し 商品を掴んでカバンに入れる

そのまま後腐れのないうちに 店を立ち去ろうとする


そこに現れた 眼光の鋭い一人の店員
男に気付かれないよう 後ろからそっと近付く

しかし男は気配を感じたのか 足を速めて出口に向かう
行く手を塞ぐのは別の店員 慌てて迂回通路を探す

だがどの道にも店員は存在していた
こっちに向かって静かに そして確実に歩いて来る


いつの間にか通路は広い大通り一本になっていた
目の前には道一杯に広がり ゆっくりと歩く店員達


これぞまさしく「万引きGメン歩き」
  1. 2006/11/07(火) 22:22:25|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3日間ピーマンが触れなくなる呪い

ふと思い立って「俺定食」というのを考えてみました

「俺の俺による俺のための定食」 略して俺定食です
もちろんメニューは私が選ぶのですから 好きな食べ物オンリーです


麦茶
冷ややっこ
干し大根の煮物
ホルモン焼き
半ライス


カロリーや栄養バランスを気にした結果 このようになりました
渋い というよりはなんだかオジサンくさいラインナップです



これは単なる導入部分でして 今日皆さんに問いたいのは

「はんらいす」で変換したら「半裸椅子」にならないかということ


私のパソコンはなる(持ち主に似るんだと思う)
  1. 2006/11/06(月) 22:51:38|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猫バスに足が沢山ある必要性

ちょっと前に 松下電器の食器洗い乾燥機が発火して
対象商品を会社が回収するという騒ぎが起きたのですが

何を隠そう うちで使っているまさにソレが対象商品だったのです


母が新聞を読んでいて気付き すぐに電話をかけたのですが
回線が混んでいたようで その日は繋がらず

(母が普段夜9時に寝るような人であるのも 諦めが早い原因です)

次の朝にようやく連絡がとれて とりあえずの対処法を聞きました


対処法とは言っても 「使わないで下さい」という至極簡単なものでした

しかしながら 食器洗い機を使わないというのも生活上難しい話であり
仕方なく「家人が外出中は使わない」ということにしています


というわけで現在 うちの家庭は食器洗い機のせいで空き巣に入られにくい環境です
  1. 2006/11/05(日) 21:54:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リンスを隠して裏山に埋めよう

ワイドショーをあまり見ない人は知らないかもしれませんが
「午後は○○ 思いっきりテレビ」に「思いっきり生電話」というコーナーがあるのです

毎日悩みを抱えた主婦などが スタジオに電話をかけて
みのもんたやゲストの皆さんに相談するという趣旨の企画です

(叔母はこれで『自分より不幸な人を見て励みにする』と言っていました)


ところが今日の相談内容は凄かった

26歳の妙齢の女性が 61歳のジイ様と結婚したいのだが
54歳になる女性の両親が反対してどうしましょう というものでした

しかもその女性は既に妊娠7ヶ月のいわゆる「できちゃった婚」で
番組中みのもんたが茶化した通り 「(爺さんは)何を食べたらそうなるのか」という有り様


そういえば昼食の材料を買い出しに出たときにも
毛先は茶色 全体は緑 頭頂部は黒という宇治金時みたいな頭の色をしたお婆さんを見て

今朝の朝刊で 自身が芸術作品と化している草間弥生氏の顔写真を見て


昭和初期生まれの底力というのを感じ取った次第です
  1. 2006/11/03(金) 23:03:58|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポンプ式名古屋きしめんの極意

そろそろ髪の毛を切りに行きたいと思ったのですが
前回散髪に行ったのは つい2ヶ月前のこと

髪の毛の量がとことん多いので 少し伸びただけでも目立ち
それ以上に交感神経が働きすぎている男なので 髪の伸びも早いのです


それとはあまり関係の無いことですが 以前私が通っていた理髪店で
注文よりも少し短くカットをするマスターが居て

試しに一度「あまり切らないでください」と言ったときでさえ
整髪前の3分の1くらいしか髪の長さが残っていたこともありまして


今思えば そのマスターの御髪が少なかったことが起因しているのかもしれません
  1. 2006/11/02(木) 21:53:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は試験的にタイトルと本文を逆にして日記を書いてみようと思い立ち実行している(その為本文の方には実に意味のない一言が載っています)のですが 「読みにくい」とか「お前も蝋人形にしてやろうか」など そういう苦情が来る以前問題として 書いた文章の確認がしづらく文字数制限もあり 何と言っても起床5分後に思いついた勢いだけの企画なので 後日見たら後悔するに違いない というわけでこれっきりにします 悪しからず


ピアノ食べたくない
  1. 2006/11/01(水) 21:41:44|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

我流

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。