思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とりあえず火野正平をウィキペディアで調べてみる

明らかに共通一次試験の世代ですらないテレビアナウンサーから
「受験生 がんばれ!」と妙に馴れ馴れしく言われ軽くムッときたりと

色々な事がありましたが 今日はセンター試験の一日目です
まぁ予想通り 試験を受けている時にも色々な事が起きたんですが


「北の富士勝昭と斉木しげると宮川大輔を足して3で割った」ような男と
「郷ひろみとフットボールアワー岩尾と宮川大輔を足して3で割った」ような男

この大学教師コンビの監督進行がすばらしくグダグダだったのはとりあえず良しとします


試験の1週間前に ボサボサに伸びきった髪の毛を切ってさっぱりしてしまい
受験票に貼ってある証明写真とはほとんど別人になってしまったのも 許容範囲です

(会場入室する際 係員に顔をやたらと調べられた事との関連は言うまでもなし)


何を考えたか 私服(しかも思いっきり普段着)で会場に到着し
未曾有の学生服集団を目の当たりにし 自分の存在が浮いていることを確認したのも

ある意味恐怖ではありますが 序の口と言えましょう


持病のドライアイが試験中に発生し 目が痛くてしょうがないところを
根性であくびを出し 涙で目の乾きを治癒したという真実も

自分の底力を見ただけで 別段大したことではありません



たった2週間日記を休んだだけでカンがにぶり
ここまで文章を書くのに3時間近くかかっているのが当面の問題なんです
スポンサーサイト
  1. 2007/01/20(土) 23:29:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コンゴについてのお知らせ

いよいよ本格的な受験シーズン(明らかに認知が遅い)ということで
今まで続けてきた日記の更新も 本日より極端に更新頻度が少なくなります

ここまで続けておいて何故今更なのか という疑問点については
まぁ 私の成績がのっぴきならない事態に陥ってきたというか

察してください


事実上の活動休止状態と言ってもいいくらいではありますが
自分自身もおそらくフラストレーションが溜まるので 時々更新します

ネタ自体は妙に溢れてきているので ノートにでもメモしておいて
後々まとめて公開するかもしれません まだ未定です

突然の宣言で皆様にはご迷惑をおかけしますが
それもこれも 私の勉学上の問題が浮き彫りになってきたためで

察してください


ちなみに復活は 受験の全日程が終わる2月3日辺りを目標としています

もしその日以降もなかなか日記が更新されないようでしたら
「管理人はあと1年間受験勉強をしなければならなくなったんだな」と

察してください



それでは皆様ごきげんよう 復活までしばし待っておいて下さい
  1. 2007/01/10(水) 22:47:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

本日の講義

takatoshi.gif


一瞬「タカアンドトシ」に見えますね

これを目の錯覚と言います
  1. 2007/01/08(月) 21:57:54|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何故かタイトル欄にメールアドレスを打ち込もうとしていた私

デパートの特設コーナーで スルメイカを売っていたのです

スルメなんてわざわざ会場設けて売るほどの物かと思ったのですが
「北海道」「産地直送」などの文字が並んでいるのぼりを見ると

これでたまらなくそそられる人も居るのだろうな と思った瞬間


会場近くから 焼いたスルメイカ特有の臭いが漂ってくるのです

お酒も飲まないし そもそも海産物の苦手な私はこの臭いに思い入れも無く
むしろ胸の奥の方がむず痒くなるような気分に陥るのですが

どうもこの臭いの表現が 口に出してしづらいというか


仕方なく「スルメのスメルがする」と英語を考えてみたものの

「スルメ」と「スメル」という言葉の響きがあまりにも似ていて
下手なダジャレを打ってしまったみたいな空気になったら嫌なので 封印


全ては人前で「イカ臭い」とはとても言えない事に起因します
  1. 2007/01/07(日) 23:10:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

断食喫茶 「アメリカン」

「モテない」と言い続けて18年の私ですが
先日ついにそれから脱却する光明を見つけました

どういうわけか私 小さな子供に好かれるのです


ついこの間も 街中を歩いていたところ
4歳くらいの足下おぼつかない子供にニッコリ顔を向けられ

顔を作るのが苦手な私は 慌ててピースを送ったこともありました

こういったことが 私の周りでは割と頻繁に起こるのです


しかしながら これを「モテた」と表現するには若干の問題点があり

さすがの私も3歳~5歳相手に「モテるんだぜ」と自慢するほど
女性関係に困窮しているというつもりはありません


ちなみに言うと 私は犬に吠えられたことも一切無いのですが

犬や子供相手に「モテる」というのは
「いい人止まり」の典型的パターンではないだろうか
  1. 2007/01/06(土) 23:24:56|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

パソコンの不調でこれくらいしか書く気力も出ない

曲としては 誰もがその1曲しか知らないはずである

しかしながら その1曲のインパクト
そして彼自身のインパクトが強すぎたあまりに

今でもちょくちょく話題に上り こうしてネタにされる


米良美一の話です
  1. 2007/01/05(金) 23:32:51|
  2. ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北千住プトレマイオス記念体育館

冬休みで寒いとはいえ 家でニヤニヤばかりしていたら体が鈍るので
たまには外に CDを買いに出てみたりもするのです

ちょうど広島中心部の地下街「シャレオ」にて
中古CD・レコードのセールをしているので 行ってみました


いかに正月三が日とはいえ 市街地はもう結構な人だかりが出来ていて
足取りの遅い私も 自然とテンポ早く歩いてしまうものなのですが

しばらくするとそのスピードに負けてしまったのか
緩くなっていた靴ヒモが完全に解けているのが確認できました

慌ててしゃがみ込みヒモを直そうとしたところ ある事に気付きます


最近の女性というのは 冬でも短パンやミニスカートを履く
まるで勝俣州和のような人達が増えているので

道の真ん中でしゃがんだりすると 私はそれを覗いている人に見えないか

いくら16歳で職務質問を受けた経験がある私でも
2007年早々から変態さん扱いはされたくない 何とかしないと


結局は良い塩梅に腰掛けを見つけ そこに尻を落ち着けて
靴ヒモを結び直すという平凡な問題の解決方法に至ったのですが

そこでまた1つ 気付いた事がありまして

「靴ヒモを直す時は 自分の靴だけを見ていれば
客観的に観察されても スカートを覗いている人には見えない」という法則です


要するに 何故私がミニを付けた女性からの視線を気にしていたのか
私がその女性を注視していたからに他ならない という結論ですね

結局は今年も「男はみんなスケベだ!」と叫び続ける私の道は変わらないという話です
  1. 2007/01/03(水) 21:43:02|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川からドンブラコドンブラコと楠木正成が

一世一代の新年ギャグ「おっはー」で思いっきりスベり
2007年早くも恐いモノは無い我流です おめでとうございます


去年暮れに行った「年賀状あげます」企画ですが
めでたいことに2件もの応募がありました ありがとうございます

お二人にはそのハガキでしか読めない特別コラムを送りましたので
是非ともご堪能頂きたいと思っております

ちなみにハガキに直筆なのでレイアウトがぐちゃぐちゃで読みづらく
修正液も切らしてしまったので 誤字は塗りつぶして対応しています


2006年は「格差社会」が進んだ年だと言います

年齢×10万=年収の目安とされ
それに満たない国民は「下流社会」に区分されました

今年私が提唱したいのは 「目には目を 格差には格差を」

年賀状を送った人限定のテキストを生み出すことで
小さいながらも格差を作り 格差に負けない人間になろうと思います


ただ問題は 私の文章がそこまでして読みたいモノなのかどうか
  1. 2007/01/02(火) 22:38:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

我流

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。