思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベストヒット高見盛

ちょっとオシャレになると ズボンのことを「パンツ」と呼ぶ

この文化に 私は未だ慣れきっておらず
「夏の女性のパンツスタイル」とか聞くと ちょっとドッキリします


そういえば まだ3歳くらいの年端もいかぬ女児が
パンツのことを「パンティ」と表現している姿も見ましたが

まだそんなはしたない表現が出来ない私は 顔を赤らめるばかり
スポンサーサイト
  1. 2007/07/31(火) 23:27:39|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

「宙に浮ける」「瞬間移動できる」「口から火を吹ける」などの理由により加速したヨガブームも収束までの半ばを越えて

一応私 これでも演劇部として舞台に立っていますので
「セリフが飛ぶ」という失敗には 恐怖を感じているのですが

どうも最近 その他の事柄に関しては
忘れるという行為についてこだわりを持たなくなってきました


忘れたい事が多い という結論はあまりに寂しいので放棄しますが

実際に忘れるほどの出来事は 忘れる程度の重要性しか持っておらず
たとえ忘れてしまったとしても あまり支障はきたさないものです

というわけで このところ私は物事をよく忘れます


もうお分かりでしょうが 今日は構想していた日記のネタを忘れました

必死に思い出そうとしたのですが


「滝川クリステル VS 尿道カテーテル」


という最低のギャグしか思い浮かんできません
  1. 2007/07/30(月) 22:31:24|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

何年か前に27時間テレビのちびまる子ちゃんスペシャルで山崎ハコの特集をしていて全国のお茶の間があまりに暗い彼女の楽曲に静まりかえったこと私は忘れない

今日はバイトで 参議院選挙の出口調査に行って参りました

出口調査とは 投票所の出口に待ち構えて
「どの候補者・政党に投票したのか」などの情報を有権者から聞き出し
(もちろん守秘義務がある為 個人の特定は出来ないようになっています)

その情報を元に 迅速な選挙報道をするというものです


人の多く集まる投票所ともなると 多くのテレビ局クルーが居て
なかなかににぎやかな様相を呈するものですが

午後から私達が向かったところは どうにもヘンピな所にあり
会場内も 「閑散」という言葉がよく似合う

しかも2時過ぎという暑い時間帯で 皆さんすぐに帰りたいのか
なかなかアンケートにも取り合ってくれず お手上げ状態にもなります


選挙というデリケートな話題なので あまり深くは語りませんが

衝撃的だったのは 朝7時に一番乗りで来ていたおばあちゃんが


あからさまにノーブラだったこと
  1. 2007/07/29(日) 21:37:53|
  2. 日記
  3. | コメント:0

シンプルでかんたん! なおかつ粘っこい

late01.jpg


カップ式ドリンク自販機で見つけた商品です

下にある「スタンダード」「やや甘め」の区分や
この飲み物は単なる甘い牛乳ではないだろうかという疑問はさておき

問題なのは隣にあった これ


late02.jpg


冷たい方は「牛乳2本分のミルクカルシウム入り」なのに対し
ホットは「牛乳1,5本分のミルクカルシウム入り」という微妙な違い


ただでさえこんな酷暑では暖かい方なんぞ飲みたくないのに

人を損した気分にさせるこの格差は いかんともしがたい
  1. 2007/07/27(金) 21:47:57|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

濾過 → 乾燥 → 残った物質が水に溶けていたのです

パソコンというのは 中途半端に技術を持っていると

ちょっと知っているが故に 色々なことに手を出してしまい
いざという重大な欠陥が起きた時に 対処しきれないことになる


しかし全くパソコンを触ったことがないというレベルまでなれば

社会に出たときに不利に働くところまで時代は進んでしまった


かといってパソコンに異様に詳しくなると それはもはや「オタク」と形容される


どうしたら良いのだろうか
  1. 2007/07/26(木) 22:46:23|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

82018ヒット記念日記

最近知ったのですが 私はどうも甘い物好きらしく

ちょっと前にバイキングレストランへ行った時も
疲れていたのか まず真っ先にケーキを拾って食べたり

最近気が付いたらかき氷を作って食べていたりと


そんな私のあこがれデザートが「パフェ」なのです

もうすぐ20歳ともなる大の男が手を出しにくいメニューなのが第一理由
恐ろしいまでのカロリーに腕をこまねくしかなかったのが第二理由

パフェは私にとってあこがれでもあり 畏怖する存在でもありました


しかし今日 そのパフェをとうとう食べる機会が訪れました
(物心着いて以降 パフェを口にした記憶はありません)

というのも 家族と一緒で恥を忍ぶシチュエーションではなかったうえ

晩飯にカツ丼なんて高カロリー料理を食べてしまったので
もはやヤケクソといった感じで「パフェもたいらげてしまえ!」という意気込みからです


「パフェ 美味い」


散々大騒ぎした割には 私の喜びようは地味なものでした

味覚オンチはこういう時に困る
  1. 2007/07/24(火) 21:48:59|
  2. 日記
  3. | コメント:2

カールおじさん VS プリングルスのおじさん

外国の話ですが 小ずるいカモメが居まして

そのカモメは店主の目を盗み ポテトチップスをくわえて
お金も払わず飛び立っていくという 万引き行為をしているそうなのです

しかしカモメ相手では店主も為す術無く
ポテトチップスを仲間に分け与えているカモメの姿も「かわいい」と評判で

市民の中には「ポテトチップスの代金を肩代わりする」という人まで出現したそう


鳥類にしては なかなかに小賢しいカモメではありますが
そこはやはり霊長類ほど狡猾な動物も居ないわけで

私としても「かわいく物を食べる技術を身に付ければ
将来的にも食いっぱぐれることは無いな」と

丁度「ハチミツとクローバー」の1巻を読んだ時の感想と
ほとんど同じようなことを考えていました (森田先輩の辺りです)


とりあえず 今日の晩飯は醤油ラーメンだったのですが
どうにかしてこれをかわいく食べるワザを 考えてみました


・ 麺をすする時には音を立てずに

・ 内股&肩をすくめて乙女っぽさをアピール

・ どんぶりやレンゲはキティちゃんの柄で


これに加えて終始オカマ口調で通せば完璧だ!
  1. 2007/07/23(月) 21:19:58|
  2. 日記
  3. | コメント:0

平成19年大相撲名古屋場所雑感

新横綱白鵬の誕生 琴光喜の大関取り 横綱朝青龍のV奪還など
様々な話題で幕を開けた今場所の大相撲は

場所の前半・中盤・後半で主役を入れ替えながら進むという
最近では非常に珍しく 面白い展開となりました


まず主役に躍り出たのは 新横綱の勢いそのままに勝ち進んだ白鵬
得意の左上手がなかなか取れない中で 平幕相手への取りこぼし無く
9日目までまさに盤石の相撲を取り続けた中 変化が起こります

中盤の主役は大関取りに意欲を見せる ベテラン関脇琴光喜
9日目に白鵬との直接対決を 見事な上手出し投げで制し
両横綱が1敗を喫する状況の中で優勝争いの先頭へ頭一つ抜けました

しかし最後に笑ったのは 誰あろう第一人者である横綱朝青龍
初日に安美錦に破れる(しかも2場所連続同じ相手!)波乱がありながら
賜杯を抱いたのは終盤にかけて調子を上げてきた朝青龍だったのです


三者三様ではありますが 各々上に挙げた話題からも見られるように
気合いが入った取り組みで 土俵が充実していたのは間違いありません

しかしまた 各々の弱点がはっきりと見えてしまったのも事実

琴光喜は過去2回大関昇進に失敗したプレッシャーからか 精神面の弱さ
白鵬は負けが込むと相撲が大雑把になる 所謂ツラ相撲の傾向
朝青龍は前々から言われているように エンジンの掛かりの遅さ

この強いも弱いも同居した連日の取り組みが
見ている方としてはこれ以上無いほど盛り上がる 今場所の展開を生んだのだと思います


上位相手への圧力がまだまだ足りないと指摘された豊真将や
怪物復活ののろしがまたもやケガで絶ち消えてしまった把瑠都など

幕内の実力者であっても 弱い部分が露呈した今回

その穴を埋めて戻って来た時 大相撲はまたもや面白くなることでしょう


最後にもう一つ 今場所見事11勝を挙げて敢闘賞を受賞した豊響(とよひびき)

豊真将と同じく山口県出身の日本人ホープであり
その思い切り良い押し相撲は北の富士氏をして「猛牛(元横綱琴櫻)二世」と形容されました

受賞自体は喜ばしいことなのですが 先場所惜しくも敢闘賞を逃した
同じく押し相撲 14日まで10勝としていたモンゴル出身の龍皇(りゅうおう)

豊響とまったく同じ星勘定ながら 彼には「千秋楽勝てば」の条件が付けられ
結果的に負けてしまい 三賞受賞を逃してしまいました
(豊響にはこの条件は付かず 取り組み前には既に受賞が決まっていた)


少し前に雅山の大関返り咲きの時も話として出たところですが

番付編成や三賞獲得の基準がはっきりしないこういう事例を見ると
協会に対する違和感や不満も出るはず 正念場ではないでしょうか
  1. 2007/07/22(日) 22:36:25|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

松木安太郎が笑ってます

今日の学校帰り ちょっと寄り道をしたところ
とあるお好み焼き屋でこんな貼り紙を見つけました


「本日もやし入りません」


それで同じ値段を取ろうと言うのか
  1. 2007/07/21(土) 22:47:02|
  2. 日記
  3. | コメント:2

晴れ渡るヒモ 雨のヒモ

bentoh.jpg


弁当の形態としては かなり斬新だと思う
  1. 2007/07/20(金) 22:14:29|
  2. ネタ
  3. | コメント:2

練り込め!すっぱさ成分

いくら痩せたとはいえ まだまだ適正体重オーバーの私

いつまたリバウンドするかも分からない恐怖の中
体重を減らそうと 日夜努力を重ねている途中なのです

(昨日はうまい棒を5本食べました)


そこで心強い味方が ダイエット食品やカロリーオフ飲料
最近では体脂肪を燃焼しやすくする飲み物などもありますが

しかしアレ 人前で飲みづらくはないでしょうか


情けない体型を脱却しきれていない私が 例えば電車の中などで
「へルシアウォーターマスカット味」を飲んでいたら

周りの人は「嗚呼この人 痩せようとしているのね」と思うでしょう

極端に言えば「こいつ痩せようとしてるぜ」と嘲笑われかねません


あと飲みづらい理由としては 「へルシアウォーター」

あれ 苦いぜ
  1. 2007/07/19(木) 19:55:50|
  2. エッセイ
  3. | コメント:3

おせちも良いけどまこと(シャ乱Q)もね!

アゴが少し出ていて 二重で 色白の女の人に

「白鵬に似ている」というイメージを持つ最近の私


そろそろ道行く人に「間寛平と彦麻呂を足したような顔」みたいな

失礼な似姿を重ねる癖は止めようと思います
  1. 2007/07/17(火) 21:58:08|
  2. 日記
  3. | コメント:0

敵は煩悩にあり

今日は家族旅行で 山口県は秋吉台に行ってきたのですが

山口県では ガードレールがオレンジ色をしています
それもかなり鮮やかなオレンジ色です

どうやら山口名産のみかんにちなんでの色だそうですが


それならば岡山県ならば桃で ピンク色にするべきなのか
鳥取県ならばスイカで 緑と黒の縞々模様にしてみるのか

広島色と島根色がピンと来ませんが 思いつきで適当に言った割には
なかなか良いアイデアのような気がします


とりあえずの問題は 「山口県のみかん」もいまいちピンと来ないところです
  1. 2007/07/16(月) 20:41:34|
  2. エッセイ
  3. | コメント:4

個人的にはこの時間帯にPOLYSICSが流れることに嬉しさを感じている

普通に生きていたら いつの間にか19歳になっていたので驚きですが

この19歳というのが とても中途半端な年齢に思えて仕方ありません


というのも 18歳と20歳の区切りがとりわけ目立つからなのです

20歳になれば 選挙権や酒・タバコなど様々な権利が解禁されて
一方の18歳も パチンコや性的欲求追求製品などの解禁がありますが

「19歳は?」と聞かれると なんともコメントしようがありません

(ウィキペディアで“19歳”という項目を調べてみても
『織田裕二初主演の連続テレビドラマ』という 至極どうでもいい結果しか出ません)


そこでもう少し幅を広げ “19”という数字を重点的に調べてみました

(ウィキペディア調べ こればっかりや)



・ 8番目に小さな素数

・ 岡平健治と岩瀬敬吾からなる2人組音楽ユニット 2002年解散

・ 原子番号19番の元素はカリウム

・ 第19代内閣総理大臣は原敬

・ おニャン子クラブ会員No.19は岩井由紀子(ゆうゆ)



ある程度は有名だけど いまいちメジャーになりきれない

そんなイメージを払底どころか 更増す結果になりました
  1. 2007/07/15(日) 22:32:47|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

ARE YOU 岐阜県民 YET?

今日は私の誕生日です 祝えば救われます(勿論私が)



大学から帰る電車の中で 友人のK氏と話していたところ
私達の前に どこかで見たような顔の人が座りました

上手くは言えないけれど何だか有名人に似ている というよくある現象です


K氏は携帯電話のメモに「奥田民生」と打ち込んで 私に見せました

私は納得したものの どうしても第一印象がぬぐえず
私の抱いていたイメージを打ち込み K氏に見せました


その人の顔がお見せできないのは残念の極みではありますが

私は今でも その人が「上祐史浩(元アーレフ)」にそっくりだという自説を
いいえ 今後生きていくうえでも曲げない覚悟であります


我ながらとても失礼なことだとは思っていますが
  1. 2007/07/14(土) 23:12:07|
  2. 日記
  3. | コメント:5

じゃじゃ丸 ピッコロ ロックンロール

とある家庭教師会社の広告コピーで見たのですが

「×××なら 落書きする暇を与えません」

という文章が 落書きしてある顔写真と共に載っているのです


学校の勉強がとにかく嫌いな私にとってみれば そんなもん地獄でしかありませんが

皆さん一度は 教科書に載っている写真の人物をアフロヘアにしてみたり
ダリのようなヒゲを描いたり まゆ毛を繋げたりした記憶がおありでしょう

それを皆で見せ合って アホのように笑った記憶がおありでしょう


それが正しいかどうかは知りませんが この家庭教師会社が
そんな落書きのひとつしないような つまらない子供を作ろうとしているのなら

ますます私の教育に対する疑念も深まるというものです


ちなみに私ですが ノートに偉人の肖像を模写ばかりしていたところ
「ちゃんと黒板を写せよ」と友人に言われたため

板書がしてある黒板を 黒板ごとそっくりそのまま模写したことがありまして


こういう大人も 正しいのかどうかは計りかねます
  1. 2007/07/12(木) 23:25:13|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

シャモ 対 チャボ

新しいバージョンのCMを見るたびに
ジャン・レノは新しい女性を車に招いているけれど

そんなふしだらなマネは私にはできない どうも我流です


なんか面白いな と思ってメモをしておいたのですが
今見てみると全く訳が分からない そんな一文をご覧下さい


「お金で夢を買うという行為に夢は無い」


今日の日記はちょっぴり社会派気取りですが 正直意味が分かりません
  1. 2007/07/11(水) 21:16:27|
  2. 日記
  3. | コメント:0

菱垣廻船に乗って一路バヌアツへ

皆さんは「胴上げ」をされたことはおありでしょうか

大学の合格発表掲示板の前で大騒ぎするか ナ・リーグで地区優勝するか
それぐらいしないと出来ない ある種憧れのイベントではありますが

実は私 その胴上げをされた経験があるのです

合格発表は現地に行かずホームページで見たり
手首の関節があまりに硬くバットを正しく触れない私が です


高校三年生の冬にまで遡ります

当時私は「無間地獄」という名前のメタルバンドでボーカルを務めており
受験を控えた11月末に 活動休止ライブを行ったのです

(『活動休止』と銘打っていますが 実際にやったライブは2回きりであり
メンバー5人のうち3人が浪人 1人が帰国という現在復活予定はありません)


どれだけ頼りない私でも 一応はフロントマンですから役目を果たし
無事ライブを熱狂のうちに終わらせたのです

すると突然オーディエンスの皆さんがステージに乱入し
私を持ち上げて そのまま胴上げを始めたのです

一切そんな事は聞かされていなかった私は 嬉しい

と言うよりも 一定の規則をおいて天井が近づいてくるこの現象に
「怖い」という素直な感情をもって接していました


今となっては良い思い出ではあるのですが
何故あの時 私だけ胴上げされたのかが未だ分からないのと同時に

胴上げの最中に 「このまま落としてみようか」 と言い放った

凶悪犯が誰なのか 鋭意捜索中です
  1. 2007/07/10(火) 22:18:49|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

「背中のチャック開いてますよ」 「こりゃご親切にどうも」

久しぶりに「ポケットモンスター 緑」を始めたら
ゲームのナビゲート役である“オーキドはかせ”からの一言が


「わたしのなまえはオーキド みんなからはポケモンはかせとしてしたわれているよ」


初対面からいきなり自慢に入るこのオッサンをどうしてくれよう
  1. 2007/07/08(日) 21:37:35|
  2. エッセイ
  3. | コメント:3

あすなろ大魔王

以前から 私を客として対応するレジスターは
バーコードを読み込まなかったり 引き出しが開かなくなったり

10回に1回の割合で不具合が生じるため
「レジを壊す男」という都市伝説的なあだ名を持っているのですが

今度はどうも 自動ドアが私を認識してくれません


私としては普通に近づいているつもりなのですが
開こうとする気概すら全く感じられず

近づきすぎたのか? と思って後ずさりをしてみても
どこまで行っても開く気配がない

壊れているのか? と思って別のドアを探してみたら
他の人がやって来て ドアを開けて悠々と奥の方へ進んでいく


ちなみに自動ドアのセンサーは 体重を感じて開くそうなのですが

ということは私の体重はドア近辺の地面に通用していないのでしょうか


この3ヶ月で5キロも痩せたことと 何か関連があるかもしれません
  1. 2007/07/08(日) 00:37:41|
  2. エッセイ
  3. | コメント:3

BACK TO THE 鋳型 DAY

肩掛けのバッグで通学をしているのですが


kata01.jpg


こういう状態で掛けていると なで肩が影響して
右側にカバンがずり落ちてしまいます


というわけで このタイプのバッグの本分に戻り


kata02.jpg


このように 正式な掛け方をしたところ

今度はなで肩のせいで 左側にずり落ちることが判明
  1. 2007/07/07(土) 08:10:56|
  2. 日記
  3. | コメント:2

活版印刷業界の危機

「チューボーですよ!」が 厨房ではなくスタジオでやっているなら

「徹子の部屋」も 別に黒柳邸でやっているわけではなく

「報道ステーション」「ミュージックステーション」も
駅を借り切って収録しているわけではありません


大体そんなところでMステやったら タモリが電車ばっかり見て番組にならない
  1. 2007/07/04(水) 22:37:18|
  2. ネタ
  3. | コメント:0

不親切な監督

部室で寝ていたところ 生まれて初めて金縛りに遭いました

金縛りには「肉体的」なものと「霊的」なものがあるそうですが
今回は身体的な疲れによるものではないかと思います


講義で言うと4限目 授業が入っていなかった私は
いつものように部室に行って その辺にあるものを枕にして寝ていました

(今日はスーツ袋を枕に ギターケースが掛け布団の代わりです
どちらも友人K氏の持ち物ですが気にしないようにと言っています)


すると窓の外に人がやってきてノックをするので
起きあがって窓を開けようにも 眠くて目が開きません

すると窓の外に立っていた人は 私に光線のようなものを浴びせ
完全に身体の自由を奪ってしまったのです

この辺の記憶ははっきりしていますが 指の一本すら動かせず
今まで味わったことのない焦りを感じました


幸いにも数秒で金縛りは解け 部屋を見回してみたのですが
辺りに異変は無く もちろん窓の外にも誰も居ませんでした

恐怖というよりも脱力感の方が強く しばしボーっとしていましたが

しばらくしたらまた眠くなってしまい そのまま30分ほど熟睡へ


睡眠に縛られる人生

そういう意味では毎日が金縛りです
  1. 2007/07/03(火) 23:03:10|
  2. 日記
  3. | コメント:0

かっぽう着の似合う銅像

「顔ちぇき!」という 携帯電話でのウェブサービスがありまして

顔の写真を撮って送信すると その顔を分析し
似ている有名人を割り出してくれる というプログラムです


試しにうちの家族全員分をやってみたので 結果を載せておきます


私 : 浜口優(よゐこ)
母 : 水川あさみ
父 : 桂歌丸
妹 : チェ・ジウ
弟 : 波田陽区


変な家族です
  1. 2007/07/03(火) 00:14:15|
  2. エッセイ
  3. | コメント:7

いざ なまくら

私の所属しているサークル(演劇部です)の請け負っている仕事の関係で
今日は結婚式場にバイトワーカーとして行ってきました


私には物心ついてから結婚式の記憶というものがなく
(幼稚園か頃に叔母の式には出たらしい)

テレビの再現VTRで見たような ステレオタイプな式しか見たことがないので
全くどのような空気が流れているのか検討がつかず 不安ではありましたが

新郎の専門学校時代の友人が 余興として白ブリーフ一枚で現れ
集団でウルフルズの「バンザイ」を歌うなど かなりくだけた調子だったので

とりあえずは あまり緊張もなくやり過ごせた感じはします


ちなみに仕事の内容は 新郎新婦入退場などを照らすスポットライト作業員です

実情を知らない人たちへ あれは別に専門職がやってるわけじゃないぞ!
  1. 2007/07/02(月) 10:32:23|
  2. 日記
  3. | コメント:0

プロフィール

我流

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。