思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

煌めきのニューヨークシティ

未成年としては比較的マニアックな音楽知識を有するとして
今まで誰とも音楽の話題で盛り上がりきったことのない私

しかしながら それ以外の話すネタに持ち合わせが無いため
話の流れの中でついうっかり 誰にも理解されない内容を含んでしまい

場の空気が凍り付いた中 「あ 誰も知らんよね」と
苦し紛れの自己フォローで取り繕うシチュエーションが何度かあります


先日も サークルの先輩がハイカラな色のトランクスをはいていたため

「高田渡の『ごあいさつ』のジャケットみたいな色だな」と
60年代フォークブーム経験者でないと容易に想像もつかない例え話を披露し

もちろん場にいる誰もが沈黙して 表情にはありありと苦笑いが覗き
「あぁ……またやってしまった……」と私も後悔を始めたその時


「え! 高田渡なんて知ってるの? 良いねぇ!」

と そのトランクスの先輩張本人が私に話しかけてきたのです


ようやく自身のネタの理解を得られて 私が喜んだかと思いきやさもあらず
慣れない事態に戸惑いを隠しきれず 挙げ句の果てには

「いや今さっきのは理解を求めていないネタだったんですけどね」

と 苦し紛れの壮絶な勘違い発言まで飛び出してしまう始末


………ここまで書いてみてふと思ったのですが

私と6歳しか違わない 20代バリバリのこの先輩が
何故高田渡で こんなにエキセントリックな反応をしたのだろう
スポンサーサイト
  1. 2007/10/27(土) 23:53:09|
  2. 日記
  3. | コメント:4

プロフィール

我流

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。