思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャネルのTシャツ

先日 どうも腰や肩の状態が芳しくなかったため
学校に行く前に 整体院に行ってみることにしたのです

私は腰のヘルニア持ちなので 整体には以前よりお世話になっていたのですが
最近は忙しさにかまけて ほとんど行けていない状態が続いており

半年以上ぶりだったので さぞかし体中ボキボキされるだろうと思ったら


もはやそんな状態をも超越した身体の歪みかたをしていたらしく

先生もしきりに「よくここまで曲がったねぇ」「筋肉の固さが恐ろしい」など
聞けば聞くほど自分の生活態度に自信が無くなる発言を連発

挙げ句の果てには 右脇の筋肉の凝りが手ではほぐせなかったため
超音波の機械を引っ張り出して治療を施されるほどでした


そういえばちょっと前に コンタクトレンズを買うため眼科に行った時も
矯正のしようがない 水晶体の乱視であった私の目を見て

「こりゃやっかいだね」「うーん難しいなぁ」と
先生と看護師が話し合っていたのを 私は聞いてしまったのです


医者の何気ない一言ほど 心臓の拍動を左右するものは無いと思うのです
スポンサーサイト
  1. 2007/11/29(木) 23:02:24|
  2. 日記
  3. | コメント:0

娘婿としての心遣い

今週の月曜日の 早朝に起きた出来事です

日曜日は色々と活動をして疲れており 家に帰ったら即就寝
深夜2時頃に一旦起きて風呂に入り 身辺の整理をして

結局本格的に床についたのは3時近くになっていました


私は横を向いて寝る癖があるのですが その日は右を向いていたところ
掛け布団を左の方へ引っ張られるような感覚に襲われました

もちろん家族は全員寝ていますし そのような悪戯をするはずがなく

そうこうしているうちに 身体が動かなくなってきました
いわゆるひとつの「金縛り」という現象に取り憑かれたわけです

何故か「声を出さなくては」と思った私は 口を動かそうとしますが
口も手も足も全く動かず そのうち意識も無くなって眠りに就く………


何分経ったのかは分かりませんが 目が覚めます
そしてあの 掛け布団を引っ張られる感覚をまた味わうのです

口も手も足も動かず 何故か「声を出そう」と思う私の願いは届かず
金縛り状態の中でまた意識を失って眠ってしまう

それを3回ほど繰り返して 結局朝を迎えてしまいました


私の母は多少なりの霊感がある人なので 相談してみたところ
まだ話していないのに 「部屋の中央の方に布団引っ張られたでしょ」

何故かピタリと言い当ててしまった 私の部屋に何か感じるらしい


とは言え 幽霊などをあまり怖がらない私にとって今恐ろしいのは

このネタのオチが見つからないという 至極現実的な悩みだけです
  1. 2007/11/27(火) 23:47:55|
  2. 日記
  3. | コメント:2

めんつゆ賛歌

先日 日常の中でふと唐突に思い出したことなのですが

高校2年のバレンタインデーに とある友人のロッカーに
綺麗にラッピングして 外観だけ見るとチョコレート箱にしか見えないように細工した

男性同士の性交をテーマにした本(つまりホモ雑誌)を入れました


当然の如く その友人は私に怒りを向けたのですが

17歳の身空でそんな本を買う その勇気も考えてみたらどうだ
と かなり理不尽な理論による逆ギレをしたのも覚えています


ただ 何故こんなことを唐突に思い出したのかが思い出せません
  1. 2007/11/25(日) 23:59:03|
  2. 日記
  3. | コメント:2

はにわのストラップ

「食欲の秋」と呼ばれる由縁について

冬に向けて 体脂肪を増やし寒さに耐えるために
食物の摂取量を増やす という本能が人間にも残っているから

という話を聞いたことがあります


つまり今年の冬を 異様に寒く感じているのは
気候が異常なわけではなく 私が薄着だからでもなく

ちょっと最近 私が痩せてきてしまったからなのか


嬉しい誤算です
  1. 2007/11/23(金) 23:56:33|
  2. エッセイ
  3. | コメント:1

抜きん出た大卒

先日の「部室の携帯電話を忘れた事件」の続報ですが

さぞかし何も起こってないだろうと 翌日の昼頃部室に行ったところ
案の定着信が1件と メールが1通来ていただけの私の携帯でした


そのうち着信は 友人から携帯を忘れたことを知らされる直前
つまり当日の夜にかかってきた あまり意味の無いもので

メールは当日の昼に来た友人への返信に対する
そのまた返信(しかも内容は確認事項のみ)だったので


私なんぞが携帯電話を持っていていいのか いささか気になってきました
  1. 2007/11/22(木) 23:59:48|
  2. 日記
  3. | コメント:0

大卒

今日はどうも 慌てて帰ってしまったようで
携帯電話を部室に忘れてしまいました

しかしどうやら それほど困ることも無さそうです


昼頃友人からメールが来たのを最後に 誰かからの連絡も無いし

困ることを強いて言えば 面白いネタがあってもカメラが無くて撮れないこと
もしくはヒマな通学時間に ブログの更新し損ねた分を書いたりが出来なくなったり


つまり私の携帯は ブログ更新用ツールとしての役割しか持ち合わせていません
  1. 2007/11/21(水) 23:59:40|
  2. 日記
  3. | コメント:0

近代文学における干潟事情の変遷

megane.jpg


「三城」と「タナカ」

日本が誇る二大眼鏡ブランドが拙攻するこの地名なのですが
やや「タナカ」の方が勝っているのか


「三城」が「二城」になりつつあるのが 気に掛かるところです
  1. 2007/11/19(月) 23:59:36|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

アマチュア武道が岐阜を救う

つい最近まで「官製はがき」というのを

もう他に紙面を書かずとも 宛名さえ自分で書けば
それで立派に手紙として成り立つ「完成はがき」だと思っていました


「Pコート」も「Tシャツ」のようなもんだと思ってました
  1. 2007/11/18(日) 23:59:48|
  2. エッセイ
  3. | コメント:3

酵素の力で少子化に歯止めを

知り合いの方から聞いた話を 今回はご紹介致します

その知り合いは 昔警察官をやっていた人で
交番で勤務をしていた時に起きた出来事だそうです



その日は交番に その人と先輩警察官しかおらず
なかなか立場的にも上の先輩だったので 恐縮していたところ

外国人観光客とおぼしき人が 道を教えてほしいと訪ねて来て

その人はアメリカへの留学経験もあるため 英語は堪能なのですが
先輩が「私がやるよ」と言って聞かなかったため 先輩に任せることに


そうしたら案の定 右往左往で困り果てるこの先輩

しかしここでしゃしゃり出て ペラペラと英語で対応をして
先輩の面目丸潰れにさせても後が怖いので 黙っていたその知り合い


すると先輩はおもむろに地図を取り出して
2人の居る交番を指さして こう叫びました


「We are the here!」

(訳 : 私達はその現在地です!)


これには流石に その知り合いも呆然とするしかなかったようです
  1. 2007/11/16(金) 23:59:51|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

タイトルなんて付けてる場合じゃない

近年稀に見る病弱ブログ書き(自称)こと私ですが
月曜日から体調を崩したまま 現在に至っています


始めは頭痛と脚の痛み程度で いつもの事だったのですが

昨日の朝5時頃 四方八方から写真を撮られるという悪夢と共に
びっしょり寝汗をかいて起床

(この時の体感体温はおよそ39℃)


しかしその日は もう休んだら間違いなく単位を落す授業があった為に
頭が全く働かないまま とりあえず大学に向かうことに

案の定 教科書も辞書も忘れて授業にならず

母には「病院で悪いところ全部診てもらえ」と言われたので
痛い箇所(頭・脚・胃・腕・腹・心臓)を告白

そのうち胃は「ストレス性の胃酸過多」
頭痛と脚の痛みは「風邪による発熱症状」
腹は「大腸の炎症」ではないか との診察を言い渡されました

(腕と心臓の痛みは原因が分かりません)


今は熱が引いて 脚も力が入るようになりましたが
依然腹痛が治まらず 腸炎であるとの疑いは増すばかりです


今の私を支えているのは 僅かばかりの精神力と

インフルエンザに腸炎を併発し 食事が出来ないのに便は出続けるという
未曾有の苦しみを味わった 何年か前の正月の体験

あれよりはなんぼかマシ という思いだけです
  1. 2007/11/14(水) 19:49:59|
  2. 日記
  3. | コメント:4

ロックンロールの理解

大学の掲示板で クリスマスケーキを作るバイトを見つけました

12月の23日辺りだそうなので 余裕があればやってみたいと思います


今年のクリスマスは 私にとってケーキが食べられる日でしかありません
  1. 2007/11/13(火) 21:43:54|
  2. 日記
  3. | コメント:0

バレンタインとバンアレン帯も似ている

「LUCKY(ラッキー)とLUCY(ルーシー)は綴りが似ている」

それだけを主張したいが為に 帰りの電車の中から
わざわざ友人にこんなメールを出しました


「どうやら外は にわか雨が降っていたらしい LUCY!」


確かに外に出ると 綺麗に晴れた空とは対照的に
湿った地面が妙に目立つ おかしな状況ではありました

普段外出すれば雨に降られる私にとって このような経験は例が無く
その喜びを放出したかったのかもしれません


友人からの返事は 全くこの内容には触れておらず

電車を降りた途端 雨がザーザー降りになったのもついでに書いておきます
  1. 2007/11/12(月) 14:44:05|
  2. 日記
  3. | コメント:0

今週の無人島中継

kuki-wakame.jpg


とある100円均一ショップ(名前出てますけど)で見つけた
かなりターゲットを絞った案内板です

何故よりによって 茎わかめを推しているのかこの店は


しかも


kuki-wakame02.jpg


肝心の茎わかめは フロアーのこれだけを占有しているに過ぎない
  1. 2007/11/11(日) 22:50:51|
  2. 日記
  3. | コメント:0

部長の気まぐれサラダ

日本語というのは 世界的に見ても特殊な言語であります

まず 文字の数が多い
種類だけ見ても 平仮名と片仮名と漢字を併用するという

アルファベット26文字の組み合わせのみである欧米圏では
全く考えられないであろうバリエーションを誇っています

(実際に日常会話は出来ても 漢字は書けないという外国人も多くいます)


しかし それにも優る日本語の凄いところとして私が推したいのは

「ヴ」という文字の発明であるのです


先日 文字数の関係で「ミラ・ジョヴォヴィッチ」という人名が
「ミラ・ジョボビッチ」と表記されている新聞を読んで

そのマヌケさに 朝からなんだか悲しくなってしまった時からそう思っています
  1. 2007/11/10(土) 22:29:35|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

自転車屋の苦悩を知る人

最近は家に帰ったらもう眠く
パソコンをつけて色々する気力がなかなか出せないため

文明の利器 携帯電話に頼る日々が続いているのですが

かといって携帯から更新する気にもなれず(パケット代金の問題)
メモをしておいた文章を自宅のパソコンに送り そこから記事を書くという

パソコンをつけすらしない現在の状態では なんら改善に至っていない方法をとっています


ちなみにこの記事も そのような過程を経てアップされたのですが

メールを送る工程で 間違えて全然関係ない人に送信してしまい
「はいはい」とか かなり気のない返信が返ってきたらどうしよう


ただ アドレス帳には登録名を全部本名で入れているので

操作を間違えたとしても 登録しているアイウエオの順番が近い人
つまり母か妹の携帯電話に届くだけです
  1. 2007/11/08(木) 23:59:20|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

モンペ屋さんの唄

先日散歩をして(そして迷子になった)時に入ったラーメン屋で
チキンなんとかという新商品の広告を見ました

そこには「単品400円 セット450円」と書かれていたのですが

何が単品で 何がセットなのかという説明が全く成されていませんでした


そういえば商品のイメージ写真には 横にキャベツが添えられており

それをもって セットと定義づけているのではないかと推測もする
  1. 2007/11/06(火) 21:46:36|
  2. 日記
  3. | コメント:0

抜糸

host.jpg


これは大学の掲示板に貼ってあった注意書きなのですが
実際に友人が勧誘に遭ったらしく 都市伝説の類ではなさそうです


それにしても最後の一文 「安易に誘いに乗らないように~」と

よく考えた上での決断ならば許すとしているこのスタンスに
「職業選択の自由」の精神を垣間見た
  1. 2007/11/05(月) 23:59:40|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

全国ネット中継で送る「58歳の生態」

DSCN0091-01.jpg


川と呼ぶにはまだほんのり過ぎる存在感の水の通り道と
高速道路の高架線と 舗装の不十分な田舎道が同居している風景

空も完全な晴れではなく 光が当たりまくっているわけではなく
おだやかな昼下がりの心情をファインダーで表した写真です


DSCN0095-01.jpg


これはだいぶ 奥の方へと進んで撮ったのだろう風景
光源の乏しさからしても 夜へと着々と近づいている段階でしょう

「老人運動広場」らしいのですが 人気の全くない閑散とした雰囲気に
少し荒れた施設の風景が気に入って 思わず写真を撮ってしまいました


DSCN0094-01.jpg


これは大学の近くにある高速道路のインターチェンジです
徒歩でこんな所に近づくこともないだろうと思い カメラを握りました

要するに迷子になったんです
  1. 2007/11/04(日) 22:27:19|
  2. 日記
  3. | コメント:0

「山田洋行」という単語を見て「『やまだひろゆき』って誰だろう?」思ったのは私だけではないはず

最近あまり時間がとれず 日記も簡単に済ませてしまう悪い傾向にありますが
そんな時 普段からネタを考えメモしておく癖が役に立ちます


しかし今日メモ帳を見てみると 「定期を拾った」と書いてあり

確かに先日 定期入れを拾って交番に届けたには届けたのですが
これがどういう風にネタになって オチがついたのかさっぱり思い出せず

仕方なく こういった形の日記になってしまっています


その上に書いてあった「イザムと肉を食う会」は更に分かりません
  1. 2007/11/02(金) 23:59:28|
  2. エッセイ
  3. | コメント:4

プロフィール

我流

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。