思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

内藤さん ごめん

「月極」という言葉は よく「げっきょく」と読み間違えられる

かく言う私もほんの2年前まで勘違いをしていた身です
意味は知らないけど 何か「げっきょく」という言葉があるのだと


この状況を打破しようと 全国の月極駐車場管理人の方々は
正しく読ませるための涙ぐましい努力を色々してはいるのですが

「つきぎめ」と平仮名で書いてしまうと
つきぎめさんが経営しているお店の駐車場かと思ってしまうし

「月極め」と一部を平仮名表記にしてみても
これでは「つききわめ」と勢いで読めてしまう


この月極プロブレムを解決できる手だては果たして見つかるのか!

次回へ続く(おそらくそんなものはない)
スポンサーサイト
  1. 2008/01/31(木) 23:59:17|
  2. 日記
  3. | コメント:0

波乱含みの気まぐれサラダ

ryo-ma.jpg

「薩摩と長州が手を組んだのは 私の尽力あっての事です」

「東京三菱銀行とUFJ銀行の合併にも 私が一枚噛んでいます」

「スクウェアエニックスは私の仕業ではありません」
  1. 2008/01/30(水) 23:21:56|
  2. ネタ
  3. | コメント:0

虹色グミ

「カスタード大福」は和菓子なのだろうか洋菓子なのだろうか
  1. 2008/01/29(火) 23:31:19|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

甘口カレー男爵

寒いですね(あいさつ)


寒いと言えば 今日も今日とて大学に言ったら雪が降っていて
それもまぁ吹雪に近いもんですからウキウキモードで

明日大学に行ったら雪合戦でもしようかと 呑気な事を考えていましたが

電車に乗りさて帰ろうとした時 実に現実的な問題に直面


大学は広島市の北部に位置しており 寒さも厳しい
なので今は雨が雪として降っているが 街中まで戻るとそうはいかない

なま暖かい都会の人間関係がそうさせるのか 3℃くらいは確実に温度が上がり
それによって雪ではなく しとしと雨が降ることになるのでは

そうすると今朝何も降っていなかったからと豪語して
傘も持たずに自転車で通学してしまった私はどうすればいいのか


雨に濡れる覚悟も決めながら 刻一刻と終点に向かう電車に乗っていましたが
予想に反して街中も寒く 雪らしき物が降っている様子

これならさほど(雨と比較して)濡れずに帰れる と安堵していたのですが

よく見るとこれは雪ではなく 雨が混ざった所謂「みぞれ」状態


しかし対処のしようもなく 自転車をぶっ放して帰ったら

滅茶苦茶寒いうえに雨粒が眼鏡について使い物にならなくなり
粒ひとつひとつが大きくて 顔に当たる度に痛みが走るという悪い事態へ


どうせ降るなら雨が降ればいいし 雪になるならそれでいい
何故よりによってみぞれなのか 考えられる理由は一つしかない

都会の人間関係がなま暖かいからです
  1. 2008/01/28(月) 23:16:29|
  2. 日記
  3. | コメント:0

喫茶 「インディーズ系アイドルの追っかけ」

見た人を悲しい気持ちにさせる おなじみ四コマまんがのコーナーです

描いている途中に「画力が追いつかない」と判断し
結局オチが変わりました 相変わらず絵は酷いですがどうぞ


DSCN0106.jpg


DSCN0107.jpg


DSCN0109.jpg


DSCN0110.jpg


書籍化の話はまだ出ていません
  1. 2008/01/27(日) 21:31:41|
  2. ネタ
  3. | コメント:2

喫茶 「和製クリムゾンキング」

ほぼ毎日「今日の日記のネタどうしようか」と考え込み
時には適当に絵を描いたり ありもしない話を創作したり

そういう生態がブログ書きには少なからずあると思うのですが

この工程というのは 世の主婦の方々が日々考えている
「今日の晩ご飯どうしようかしら」というそれに似ているのです


仕事や理事会などで疲れて帰ってきて 家事ができない日もあるでしょう
たまには羽目を外して 友達と遊んでみたりもしたいと思います

ブログ書きも同じです

試験勉強やサークルの練習で疲れて日記が書けない日もあります
ブログを書くというプレッシャーから解き放たれて寝る日もあります


つまり そういった類の女心を理解しているのは
実はブログを書き続けている人々である と私は主張したいのです

もしその説が広く伝わる通説になったら
多分次にモテのトレンドとなるのはブログ書きになるからです
  1. 2008/01/26(土) 23:50:48|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

喫茶 「シフトチェンジあずまや」

目薬のパッケージに書いてあった


akeru.jpg


これを「押してあげる」と読んだ私は女子からの優しさに飢えている
  1. 2008/01/25(金) 23:14:22|
  2. エッセイ
  3. | コメント:4

ブラームスのいびき

モニターからだと分からないと思いますが 最近また太った気がして
来るべき春に向けてシェイプアップしないといかんと思っていますが

この1年の体重変動を研究して 痩せる手だてを考えてみました


・ 2007年6月

大学というのは思ったよりも忙しいところであり
しかもうちの学校が山沿いに位置しているので移動だけで結構な労働
その結果4月から2ヶ月ちょっとで いつの間にか5キロ減量

・ 2007年8月

夏休みに突入 大学に行かなくなり運動量が目に見えて減る
ご飯もおいしい アイスが美味しい 何キロか戻る

・ 2007年11月

演劇部の冬公演でかなり過密なスケジュールをどうにかやりくり
気力体力をかなり削る日々を過ごし いつの間にか2キロ減量

・ 2007年12月①

冬公演終了 安心と油断によりご飯が美味しい 当然リバウンドする

・ 2007年12月②

内視鏡検査の為に1週間の断食と強制排泄という地獄を見る
「食べないけれども出す」の繰り返しで3キロ減量

・ 2007年12月③

内視鏡検査終了 何事も無かったという結果への安心と油断
ご飯が美味しい 2日間の暴飲暴食で2キロ増量


太るも痩せるも あまりに不健康な生活による産物でした

勿論 何の参考にもなりません
  1. 2008/01/24(木) 23:01:44|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

目だけで笑う女

sexhara.jpg


説明は無し
  1. 2008/01/22(火) 22:16:04|
  2. ネタ
  3. | コメント:1

ザザーン水晶米

明日1月22日は「カレーの日」です

1982年の学校給食35周年を期に制定され
この日全国の小中学校で一斉にカレーライスが出された事に由来します


カレー大好きっ子としては そんな記念日にはカレーが食べたいのですが

先週土曜日には友人K氏の誘いでインド料理屋に行きカレーを食べて
今週日曜日の晩ご飯は自宅でカレー 今日はセオリー通り余ったカレー

そして明日は記念日だからカレー(この味がいいねって言ったから)


カレーを食べ続けていると 身体がカレーの臭いを放つという噂を聞きましたが

そんな都市伝説も検証できそうなほどの食生活サイクルに突入しました
  1. 2008/01/21(月) 23:43:20|
  2. 日記
  3. | コメント:2

ケチャップまみれ男爵

「天然」というのは一種の才能だと常々思っている私ですが
残念なことに私には その天然気があまり無いのです


昨日はとある用事で遅くなり 終電ももう逃した時間だったので
友人K氏の家に泊めてもらうことにしました

その家に着いたのも午前2時頃で 疲労感たっぷりのクタクタ状態
風呂にも入らず そこにあったコタツで睡眠をとり 気付けば朝の9時

相撲シーズンなのでお昼過ぎには自宅に帰りたいと思ったので
早めに準備を済ませようと とりあえず目を覚ますため洗顔に向かいました


しかし寝ボケもひどく 足元もおぼつかない感じでようやく洗面台に到着
いざ蛇口をひねってみると水は出ず 代わりにザーという音と足元に冷たさを感じる

昨晩K氏がシャワーを浴びたという事実を忘れていた私は
カランからスイッチが切り替えられていることに気付かずに

そのまま水を出そうとしたので 当然のようにシャワーから噴出したわけです


これが凄い勢いで出て 全身びしょ濡れになったとかなら面白いのですが

水もちょろっとしか出ないし ズボンの裾が少し湿っただけという
不完全燃焼も甚だしい 異様なまでに不快感の残る結果へ落ち着きました


この出来事で問題なのは シャワーとカランを間違えたという不手際よりも
ネタとして「オイシイ」事態を望んでいるという

私の中途半端な芸人精神 ひいては日記のネタに枯渇している現状です
  1. 2008/01/20(日) 23:59:55|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

「テルミン」という単語は我々の脳裏に言葉のみ先行している

この季節 つまり受験シーズンにデパートやコンビニに行くと
必ず目にするのがいわゆる「合格お菓子」と呼ばれているもの

始まりはおそらく「キットカット」と「きっと勝つ」が語感的に似ていることから

その後「カール」は「ウカール(受かーる)」に 「ハイレモン」が「ハイレルモン」になり
それらが大型量販店等で安売りされているという 何とも御利益の薄い事態になっています


そんな中 私の心を捕らえたネーミングはこちら


happyturn.jpg


おそらく便乗しようにも 何にもアイデアが浮かばなかったと思われる

最終的な投げやり感がたまらない一品です
  1. 2008/01/18(金) 22:38:08|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

手が寒い日

help.jpg



今日取ってきた求人情報雑誌より

助けてあげたいのはやまやまなのですが
テストや課題提出に伴うこのところの忙しさというのが邪魔をして

正直今現在 私が助けてほしいと思っているほどです


今日も大相撲中継をばっちり見ました
  1. 2008/01/16(水) 21:31:52|
  2. 日記
  3. | コメント:0

コンソメフラダンス

sakkin.jpg



「乳製品乳酸菌飲料(殺菌)」

殺しちゃったかー
  1. 2008/01/15(火) 22:52:49|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

笑い声とスープセット

妹が先日 私に向かって放った言葉

「兄貴と私が初めて出会ったのはいつだっけ?」


深く考えると これほど難しい質問もないのだけれど

簡単に考えると これほどアホみたいな質問もない
  1. 2008/01/13(日) 23:59:44|
  2. ネタ
  3. | コメント:2

カラコルム山脈に………全裸で!

昨日は自宅で焼肉をしました(美味しかったです)

ホルモンが少し余ったので 翌日(今日)の昼に食べてやろうと思ったのですが
学校に遅刻しそうになったので とりあえず作ったホルモン炒めを持参して登校

しかし行っても食べる時間が無いため 電車の中で食べる羽目に


いやはや このシチュエーションは新鮮だった

何と言っても周りの乗客の視線が冷たすぎる
「何を昼間からモツを貪っているのか」という目でこっちを見てくる

途中の駅で女子高校生の大群(15人くらい)が 私を避けるように座ったので
慌てて私も入れ物のタッパーを隠して 悲しいかなまた寝たフリでやり過ごす


一人になった頃合いを見計らって また食べ始めたのですが

寂しい車内に響き渡る モツをかじる音というのは
これほどまでに人のセンチメンタリズムを刺激するものであったのか

「最近人生がつまらない」という人に オススメのリフレッシュ法です
  1. 2008/01/11(金) 23:45:14|
  2. 日記
  3. | コメント:0

ハム・ソーセージ・ベーコン類

「カルト」とは 辞書によると
「宗教的崇拝 転じて集団が示す熱烈的支持」のこと

「オカルト」とは 辞書によると
「超自然の出来事 神秘的現象」

このように まるで意味も種類も違う言葉なのですが


私はつい最近まで「オカルト」は「カルト」の丁寧語
つまり「御カルト」の事だと 割とマジメに思っていました

いやむしろ こっちの解釈の方が面白いなぁと今でも思っています
  1. 2008/01/10(木) 23:41:51|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

やむを得ず急停車する場合がございます

運が悪いとしか言いようのない出来事ではありますが

大学から帰る途中の電車で 小学生の大群と出くわしてしまいました


どうやら課外授業か何かの帰りに電車を使ったようで
1クラス分と思われる人数の子供が1両分の車両をほぼ埋め尽くし

生憎その車両のポツネンと座っていた私は 小学生30人ほどと対峙する形に

子供が苦手な私は 勿論相手をする気になどなれもせず
得意のタヌキ寝入りでいつの間にか本気で寝てやろう作戦を実行していたところ


今度は女子大生の大群が電車に乗ってきた

私は大半の成人男性の例に漏れず 女子が好きな性質を持っているので
まぁ嬉しいと言えば嬉しいですが なにぶん人間の数が多すぎる

よく見ると隣の車両も同じような状況で安寧を求められる状態ではなく
そもそも今の位置から動こうにも動けない 途方に暮れるしかない事態に


「どっちかの群れが早く下車してくれ」と祈っていたところ
思ったより早い段階で小学生の集団が降りていき ホッと一息入れたところで

女子大生の「可愛いねぇ~」という声が ひとところから聞こえてきて

勿論私の事を可愛いと言っているわけがなく それは小学生に向けた意見であり
大半の成人男性の例に漏れず 女子からの寵愛を受けたいという性質を持った私は

あまりにも純粋な心を持った小学生へのねたみとそねみを

そして19歳という 若いとも何とも言えない中途半端な年齢を重ねた自分への呪いを感じました


あまり関係ありませんが 「変態」という言葉を強調する場合に

果たして「変態以上」なのか「変態以下」なのか
どちらが使い方としてより正しいのかを ここ数日ずっと考えています
  1. 2008/01/09(水) 23:14:25|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

あれはダニエル こっちはジェニー さてあちらは?

可愛いウサギの家族達が お互いの血を求めて夜な夜なさまよい歩き
最終的には太陽光に当たって消えてしまうという設定のドールハウス

「トランシルバニアファミリー 森の吸血貴族」


私が頭の中でイメージしているトランシルバニア地方には吸血鬼以外存在していません
  1. 2008/01/07(月) 23:40:06|
  2. ネタ
  3. | コメント:2

通風口からの脱出

自他共に認めるカルピス大好きっ子であり
「血の代わりにカルピスが流れている」発言でお馴染みの私ですが

先日母が飲んでいた「プレミアムカルピス」なるものをちょっと貰って飲みました

母も言っていたのですが 何だか普通のカルピスとはちょっと違う
通常のカルピスウォーターを濃厚にしたような風味であったのです


普通のカルピスウォーターが「初恋の味」なのであれば

このプレミアムは「熟年結婚」が形容としては相応しいのではないかなと


去年の秋口頃に 奈美悦子が56歳で再々婚を果たしたという

世間一般としても個人的にも 心底どうでもいいニュースを思い出しました
  1. 2008/01/06(日) 23:59:22|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

「タイトルは思いつきませんね」

kadomatsu.jpg


この光景を見て「正月も終わったんだなぁ」と思いました
  1. 2008/01/04(金) 23:38:35|
  2. 日記
  3. | コメント:0

飛べ!必殺あけおめアタック!

明けましておめでとうございます


kotoyoro.jpg
  1. 2008/01/03(木) 23:59:28|
  2. 日記
  3. | コメント:2

サマージャンボ宝くじ

昨日の日記の続き というより訂正なのですが

コメント欄にて指摘のあった通り 1日の夜に見た夢は初夢ではなく
2日の未明に見る夢こそ 本当の初夢に当たるらしいのです

お詫びして訂正致します


しかしそうなると 今日見た夢

友人と一緒に河原を走りながら 銀杏BOYZの「援助交際」という歌を歌っていた

この夢の説明はどうつければ良いのでしょうか
  1. 2008/01/02(水) 23:58:31|
  2. 日記
  3. | コメント:0

第78回インドで有明海苔に想いを馳せる会

全く喋ったこともないけど 可愛いなぁって思ってた高校の同級生に会って

何となく二人で歩くことになって
勇気出して話し掛けたら あっちも私の事を覚えていてくれて

しばらく話してる間に なんかイイなぁと思い始めてきて

もう……アレやなぁ…………って


そういう初夢を見ました どういうことでしょうか
  1. 2008/01/01(火) 10:40:50|
  2. 日記
  3. | コメント:4

プロフィール

我流

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。