思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2008年は29日(肉の日)が12回もあるのか

「怒ってない」

言えば言うほど

疑われ


(とある先輩に貸した雑誌が返ってこないことを電話で聞いてみた時
私の言い方が悪かったのか 別に他意は無いのに『怒ってる?』と聞かれ

『怒ってないですよ』という言い方も悪かったのか どんどん泥沼にはまり
結局返却についてもうやむやになった その時に思い浮かんだ一句)
スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 23:59:11|
  2. 日記
  3. | コメント:0

出れんじゃん・エスケープ・プラン

今日も今日とてデパートに行って参りましたところ

店内放送の「レジ袋を持参なさいますよう」という一文が
「レジ袋おじさん」がどうたらこうたらに聞こえたので


「レジ袋おじさん」がどういうものなのか考えてみて

様々なところで貰ってきたレジ袋を綺麗にたたんで家にため込んで
使うところも無いのに丁寧にしまい込んでいる


rezi-bukulo.jpg


つまりは私のような人間です
  1. 2008/02/27(水) 21:51:13|
  2. エッセイ
  3. | コメント:4

地域振興券

理由ははっきりしていませんが 私が何故かよく物をこぼす人間で
特にスプーンやフォークを使った後のテーブルときたら惨状です

しかし今日は ギョーザたれを皿に移そうとしてこぼし
クレープを食べようと思ったらはみ出したクリームをこぼしてしまったので

別に食器のせいではなく 私に原因があるのは明確となりました


友人にこの事を「おじいちゃんみたいだ」と付け加え報告したら
その友人は「おじいちゃんというか幼児に映る」と感想を返してきて

更に「幼児退行はストレス解消の為に起こる事が多い」とコメント
(中堅サラリーマンの赤ちゃんプレイを想像してみれば分かり易いですね)


このままストレスをため込んでいくか 堂々と物をこぼし続けるか

おそらく人間として正しい正解は
「別の方法でのストレス解消を試みる」だと思うのですが どうか
  1. 2008/02/26(火) 20:21:12|
  2. 日記
  3. | コメント:2

生粋のブラジル人

私が住んでいるのが 広島市の南区というところなのですが
これがまた 生活するのに便利な区域なのです

何が便利って 何処へ行くにも自転車で行ける距離
CDが買いたければタワレコへ CDが借りたければTSUTAYAがある

しかし南区の一部地域は 周りが便利すぎて中心部に何も無いという
「買い物におけるドーナツ化現象」を起こしています


先日「ゆめタウン広島」なる大型複合施設がオープンしました
南区のとりわけ何も無い 皆実町5丁目付近をカバーするショッピングモールです

最近徘徊が趣味になってきた新しいもの好きの私は
何を買うわけでもないのに もう7回も訪れてはフラフラしています

(ちなみに20日がプレオープンなので 1日1回では間に合わない計算です)


しかし1回目に行った時は 私の性質である極度の方向音痴が災いし
待ち合わせの時間が迫っているのに迷子になるという失態を犯し

(そもそも待ち合わせがあるのに行くのが間違いである)


仕方がなく店員さんに「出口は何処ですか?」と聞いてみたところ

「そこのエスカレーターを下っていただいて………」という

立ち位置が1階にあると思っていた私の概念をぶち壊す返答を頂き
恥ずかしながらも何とか脱出することが出来たという経験もありました


ちなみにその時は 待ち合わせに遅れたお詫びの気持ちもあり
通常値の半額になっていたパックのいちごを買って行きました

ほとんど私が食べました
  1. 2008/02/25(月) 22:54:58|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

邪馬台国社団法人説

昨日の話になりますが 日付で言えば今日になります


演劇の練習を終え もっさり疲れて帰宅した私(夜7時頃)

あくびが止まらないという情けない状態だったので
少し寝ようと思い ベッドに入って遠くの世界に行ってしまい

気付いたら夜も更けて家人も就寝する時間帯に(夜1時頃)
寝惚けた頭で「風呂に入ったか ブログは書いたか」と自問自答して

何故か寝違えている首と筋肉痛の脚をどうにか動かしベッドを出て
出前のカツ丼がテーブルに置いてある事を確認して風呂へ

あんまり腹は減っていなかったもののカツ丼とカルピスを喰らって
翌日はバイトなので寝なければならず ベッドへ戻る(夜3時頃)


そんな不摂生の極みを体験して 仕方なく朝起きて職場へと

そして今日 かつて無いほどの絶好調な仕事ぶりを見せるのであった


性格がひねくれていると体調までねじくれるのでしょうか
  1. 2008/02/24(日) 23:34:50|
  2. 日記
  3. | コメント:0

ドリア風ミラノ

なんだかカレーの話題ばかりで恐縮なのですが
しばらく前にもらった「イノシシカレー」を 先日やっと食べました


DSC03280.jpg

(ちなみにこの写真は2005年の秋に撮影したものです
その頃からレトルトカレーが眠りっぱなしだった私の机とは何だ)


温めて開けてみると 何だか天津甘栗のような匂いがします
よく言う猪肉の臭みなどは皆無で とかく甘栗の香が漂うのです

食べてみてもその天津甘栗香が気になって仕方がない
後口としてスパイスの辛みと やや堅めな猪肉の食感が印象に残る

あまりイノシシを食べているという感覚はありませんでしたが
とりあえず1にも2にも天津甘栗が脳裏から消えないこの状態は一体


ただ 賞味期限が2006年の夏だと表記されていたため

この甘栗感が元々の要素なのか それとも時期がたってしまったからなのか
今となっては確かめる術もないのです
  1. 2008/02/22(金) 23:37:19|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

とりっぴいの気持ちも分かるが

別に決まり事ではないのですが うちの家族の風呂に入る順番について

私は夜何らかの作業をしている事が多く
作業を途中で中断するのを嫌がるため 風呂に入るのが遅く

逆に夜が早い弟と母(2人共に早ければ9時消灯である)は
入浴する順番が早い といった具合です


血行を促進するために 母はこの頃半身浴をしているのですが

前述の通り母の入浴順序は比較的早い方で
その後に私や妹 仕事帰りの父が入ることになります

母が半身浴をして その後に妹が入り父が入り
当然のようにバスタブのお湯は どんどん減っていくわけです


最近の悩みは 私が入る頃には半身浴のおよそ半分くらい

つまり4分の1浴程度しかできない水量になっていることです
  1. 2008/02/21(木) 23:41:45|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

あんまり有名になるもんじゃないなぁ

カレーライスが好きです

そろそろ黄色い汗や黄色い涙が出るのではないかと思うくらい
毎日食べても構わないくらいに カレーライスが好きです

「口がカレー臭い」はもはや誉め言葉であると解釈しているカレー好きです


先日友人K氏とのバイト終わりに 氏が「何かやりたい」と言い出し
私は「1000円分駄菓子買おう」など提案しましたがどれもピンとこず

結局「カレー屋のはしごをしよう」と鶴の一声で即決

私は決して大食いな方ではありませんが カレーならイケると思い
「松屋→すき屋→ココイチ」のカレーチェーン三連戦にチャレンジします


まず松屋 少し浅く大きめのお皿に入って出てきました
後口がちょっと辛めですが 口当たりが良いので問題はナシ

辛い物が極端に苦手なK氏も「これはOK」との太鼓判 難なくクリア

そしてすき屋のカレー これは私の一押し
コクのある具材大きめな 食べ応えのある一品です

先週は月曜日~水曜日までの昼飯を全てすき屋のカレーでまかないました
少し苦しさもあるけれどクリア そして最後の難関へ


正直に言うと この時点で2人のモチベーションは相当低下しており
ほとんど惰性で店に入り 惰性で注文をして惰性で食べ進める始末

ココイチのカレーは普通レベルが中辛であり
K氏曰く「量とか何とかより辛くて食べられない」らしい

私としても拡張しっ放しの胃にカレーを詰め込む作業はかなり苦しく
カレーが好きじゃなかったらとっくの昔にリタイアしていたほど

勿論やると決めた以上はやり通し 米粒一つ残らず完食しましたとも


そして終了後 お互い尋常でない顔色の悪さで話を聞いたところ

K氏は「別にカレー好きじゃない」と言い
何故挑戦したのかと聞くと「大食いに憧れているから」とのこと

だったら何故カレーなのか 他に何かあるだろうと聞いてみたら
「お前カレー好きだろう」という やや意図を計りかねるコメントが


心遣いは嬉しいのですが この一件でカレーが嫌いになりかけた私は

昨日の晩と今日の昼にもカレーを食べたので 3日間で計5杯のカレーライス
それと2個のカレーパンを食べたことになります
  1. 2008/02/19(火) 23:30:03|
  2. 日記
  3. | コメント:4

ジャムしか塗らない派・バターも塗る派

私の性質として 定期的に気分が曇ることがあり
一度そのような状態に陥ると 通常数日ほど元に戻りません

その期間は全く何もする気が起こらず
体調も悪化し 特に胃痛と腹痛は深刻なレベルに達します

何より精神面が大きく 苛立ちが抑えられなくなり
結果として布団にくるまり日がな一日を過ごすことになるのです


数えてみたところ このような症状は月に1回のペースで訪れるみたいで

肉体的な痛みと 精神的な不安定具合を伴うという
これらの要因を鑑みて ひとつの仮説を立ててみました


私には生理があるのではないだろうか


あとは出血だけか それは避けたい
  1. 2008/02/18(月) 23:59:41|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

エリザベスも飛びますよ

先日 とある事情により人生で二度目のMRI検査を受けました

(ちなみに私 弱冠19歳にして『血液検査』『内視鏡検査』
『MRI検査』の三大検査を全部制覇したことになります)

MRIとは磁気の力で身体を輪切りにした内部図を撮るもの
大きな機械の中に身体を入れて 多少の時間を掛けて検査をします


服を脱がされ検査着を着せられ ベッドに横たえられて
耳に詰め物をされて頭をベルトで固定されて 機械の中へと入れられる

今回は頭部を撮影したため 首より上は一切動かせません

しかも人間の入り込むスペースが狭いこと狭いこと
視界より5センチも無いところは既に天井であるのです

待機室に「閉所恐怖症の方は名乗り出て下さい」との注意書きがあり
確かにこれだと狭い所がダメな人は気がどうにかしてしまうかもしれない

そしてこの機械 とにかく作動音がうるさい
変拍子のようにガッコンバッタンと規則無く鳴り響く音なのです


「この状態で寝ていられる奴はよほどの無神経だな」

などと思ってから 15分後に機械から取り出されて医者に呼びかけられるまでの記憶が無い
  1. 2008/02/17(日) 23:59:49|
  2. 日記
  3. | コメント:0

大仏混入の儀

ついさっき 父親が玄関のドアを勢いよく開けて飛び出していきました

怒って何処かへ行ったのかと思い 母に実情を聞いてみたところ
やきいも屋の車が来たので買いに行っただけのようです


外は寒いのに
  1. 2008/02/15(金) 22:39:54|
  2. 日記
  3. | コメント:0

悲鳴にも似たいびきが

先日ちょっと触るように日記に書いてみた
「回収冷凍食品が家の冷蔵庫にあった」事件なのですが


rei-toh.jpg

(これです)

これについて進展があったのでご紹介します


いつまでも手元にあっても邪魔だし かと言って食べられもしないし
困っていた私の母は とりあえず販売元のJTフーズに電話をしました

すると担当の人は 流石大手の会社らしい丁寧な応対で
「着払いで送って下さい 代金は書留で返却致します」と返してきたそうな

しかしそこは私の母親 面倒事が嫌いな人なのです
そもそも350円程度では書留代金の方が高くつくであろう

そうやって母は担当の人に断りを入れたのですが
350円でもお金はお金 返品をしようかどうか迷っているみたいです


世間では今頃はバレンタインデー
女子一同はチョコレートを送ろうかどうか迷っているところで

うちの家では冷凍食品を送ろうかどうかが議題になっています
  1. 2008/02/14(木) 22:30:59|
  2. 日記
  3. | コメント:0

回転寿司のコンベアは まだまだ速くなる!

今の今まで避けてきた話題なのですが
ネタが枯渇したという危機により 出さざるを得なくなりました


どうも年を経る度に バレンタインデーの話題が大きくなっている気がする

数年前はテレビでもチョコレート情報をそんなに流していた記憶も無く
義理チョコに掛けるお金も年々増えているとの調査結果もあります

別に景気が良くなっているわけでもないのに
何故これほどまでにバレンタインデーに重きが置かれているのか


理由は2つほど考えられます

1つは モテない事で有名な私がバレンタインの話題に神経過敏になっていること
1つは 暇な大学生活を送っているためテレビばっかり見ていること

つまり「巷が」ではなく 完全に私の問題です
  1. 2008/02/13(水) 23:59:11|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

源さんがつわりになる話

130.jpg


この120円と130円の相違とは一体何なのだろう


しかしいつまでもこういう写真を撮って悦に浸っているだけでは
ブログ書きとしても人間としても成長が無いような気がしたので

意を決して 130円の方のジュースを買ってみることにしました


150円を入れたら30円お釣りが返ってきました
  1. 2008/02/12(火) 21:38:19|
  2. 日記
  3. | コメント:0

切ない皿うどん(反省篇)

眠さとパニックによりとんと記憶に乏しいうえ
後遺症として相当な眠さが残っている現在ですが

昨日行った「思考症ネットラジオ vol.1」の総括をしてみましょう


最初に説明しておくと サブタイトルとして付けていた「不思議現象」とは
その時聴いていた曲の歌詞から拝借した何の意味も無いフレーズですが

開始直前になって使おうと思っていたサーバーが突如不調をきたし
一向に接続が出来なくなるという不思議現象が発生

その他にも 帰宅予定時間の目測を誤り開始がずるずるずれ込み
結局のところ10時開始が11時過ぎにまで及ぶという大失態へ

本人かなり反省しており 次回以降へ繋げたいと思っています


他にも相変わらず要領を得ないグダグダトーク(これはある程度予想していた)
単独で喋る時の心細さ(これは日常生活から改善しないといけない)など

苦言を呈されるだろう部分はあまりにも多いのですが

スタジオ(というか自宅)を快く貸してくれたうえ
全く普段と変わらぬテンションでトーク参加してくれた友人K氏と

ラジオ開始3時間前に「じゃあ俺も」と突然参加を表明し
半分疑っていたところ本当に来てしまったA先輩には本当助けられました

12時も半ばを過ぎた頃からは独身男3人による色事トークも爆発し
予想していた時間を大幅に超えた2時半という長丁場の放送でしたが

これまた予想していた参加人数を大幅に超え(2~3人くらいだと思っていた)
多数の書き込みもあり 感謝の気持ちでいっぱいです


これからこのネットラジオも恒例行事として続けていきたいと思っており
今回はその前哨として 様々な事を勉強させてもらった感じもあります

第2回第3回の内容ももう視野に入っておりますので
その時にはまた皆様 参加をよろしくお願いいたします


(下の写真は先日うちの冷凍庫から発見された 回収措置の出ている冷凍食品です)

rei-toh.jpg
  1. 2008/02/10(日) 22:03:42|
  2. 日記
  3. | コメント:5

よし子って誰だよ………

相変わらずの放浪癖が全く直らず
今日も街に出て独りでフラフラしていた昼下がりなのですが

何ともなく寄った100円ショップで 何やら店員さんが困っているのを見ました

どうやら外国人客からの英語対応に困っているようです


こう見えても(どう見えているかは不明だが)私は学生ですから
ある程度の英語ならば分かるだろうとタカをくくって

その外国人女性が喋っている英語会話に耳を傾けてみました

分かったのは以下の事項です


・ 「あなたは英語が喋れますか?」と聞いてきた

・ どうやら電話がかけたいらしく 手帳に書いた番号を見せてきた

・ 女性はフィジーからの観光客らしい

・ 仲間とはぐれたらしく 連絡を取りたいみたいである


ほとんどの事柄に「~らしい」とか「~みたい」が付くあたり
私の拙い英語能力が垣間見られますが それはともかくとして

確認として「Do you want to call phone?(電話ですか?)」と聞いてみました

先方からは「Yes」との返事(良かった推測は当たっていた)


しかしそこで私を取り巻く事態は急変します

周りを取り囲んでいたショップの店員やお客さん達が
「この男英語が喋れるのか」と判断したのでしょう 一斉に後ずさりをしたのです

取り残されたのはもちろんフィジー人と日本人が1人ずつ

フィジー人は日本語が分からず 日本人は英検5級しか持っていません

これ以上の英語やり取りは出来ないし 誰も助けてくれそうにないし
全くもってアウェーな状況に取り残された私はどうしたのか


うろたえます


うろたえたまま「あー」だの「うー」だの唸っていたら
幸いな事に女性の連れである2人組が現れて事なきを得たのですが

まだ動揺の収まらない私は 逃げるようにして自転車で帰宅し
今日起きたことを必死で整理しながらこの記事を書いています


しかしあの「Do you want to call phone?」という
中学校1年生レベルの英文を出しただけで対応を任されてしまう

この国の英語教育はどこか間違っているのではないだろうか
  1. 2008/02/08(金) 22:41:09|
  2. 日記
  3. | コメント:2

沖縄の豚肉はひと味違う

普段は恐ろしいほど色気の無い当ブログではありますが
たまには色恋沙汰に関する記事を書いてみようと思います


初恋の思い出とかは覚えていない 昔から惚れぽい性格だったのです

小学生の時には友達が「お前の事好きらしいぜ」と相手の女の子に言い
私はその返答を人づてに聞いて 別に私が告白した訳でもないのにフラれた事を知り

小学校の時は勉強ばかりしていて 体育と名の付くものをことごとく嫌い
人付き合いも苦手で男友達ばかりだったので当然モテる事もなくて


そのままの勢いを保ったまま中学時代に突入して
相変わらず男ウケする内容の濃い話ばかりをしていて

それでもやはり惚れっぽい性格は全く変わらないので
その娘のことを遠くから眺めているだけの暗い学生でありました

たまにその娘と話をする機会があっても 別に話す話題など無く
話題を作るスキルも無く そのうちにまた人づてで失恋の事実を知り


高校生になっても圧倒的に男友達の方が多いけれど
女友達と呼べる人も徐々に増えて 対人スキルも養われてきて

人並みと呼べるような恋愛も失恋も経験して

しかしその中でも 好きだと胸を張って言える女性は絶えることなく
私の視界の中から消えることはなかったのです


そういう人の事を考え・悩み・想像をし妄想をし・被害妄想に陥り
意味も無く笑ったり泣いたりするたびに

胸の奥の方が熱く 痛くなるような感覚に気付いたわけですが

ずっと「恋の病」だと思っていたこの現象が


実はストレスからくる胃酸過多が原因であることは つい最近知りました
  1. 2008/02/07(木) 21:15:50|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

専制君主の猛烈ストンピング

デパート等の公衆トイレに備え付けてある 手を乾かす為のドライヤー

あれについて発見したことがあるので 報告と考察をします


それは あの風にやたらと短い時間しか手を当てない人が居ること

時間で言うと1秒~3秒くらい もちろん手が乾くはずもありません
年齢層は40代以上の いわゆるオジサン世代に多いと思われます

性別と場所の関係上 男性を対象にしかサンプルを採集できなかったので
女の人がどうなのかというのは定かではありませんが

とにかくそういう人がこの世に存在する以上 その行動には理由があるはず


そう不思議に思って 私もドライヤーに手を掛けてみたところ
出てくる風が妙に薄暖かく 尚かつ勢いに乏しいことが判明しました

つまりこの風では いくら手を当てても乾かすことは困難であり
前述の方々はそれを早々に察知し 乾かすのを諦めたのだと推測します


これを発展させると トイレのハンドドライヤーには場所によって強弱があり
それらを事細かに調査して 快適に乾かせるドライヤーマップを作れば

「ミシュランの三つ星トイレマップ」みたいなものを作れば

売れるんじゃねぇかしら
  1. 2008/02/06(水) 21:24:12|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

自室でこの音声をコソコソ録音する恥ずかしさと言ったら!

「思考症ネットラジオ vol.01」コマーシャルメッセージ
(クリックとか保存とかで聞いて下さいネ!)

前回のネットラジオより2年とちょっとの熟成期間(放置とも言う)を経て
パワーアップして返ってきた「思考症ネットラジオ」第二弾

今週の土曜日夜10時より 生放送にてオンエアが決定しました!


友人K氏の家をスタジオ代わりに こたつの中から温々と
じんわり染みるグダグダトークをお送りしたいと思います

もちろんリスナーの皆様も掲示板より番組に参加して下さいませ
皆様からのメッセージを頼りに このラジオは進行していきます

詳しい試聴方法や参加方法は後日のブログ上にて発表します
とにかく今週土曜日の夜を念頭に置いてチェックスよろしく!


これで情報追加の記事と 放送終了後のまとめ記事と

少なくとも2日分は ブログのネタに困らないわけだ
  1. 2008/02/05(火) 21:34:31|
  2. その他
  3. | コメント:2

ケチャップまみれ男爵 (雑益免除MIX)

色々と持病を抱えている私には末端冷え性の気もあり
とりわけ冬場は手先と足先に血が通わなくなるのです

とりあえず物理的な療法を試してみようと思い
靴の中に入れるカイロを買ってきたのですが 一向に効く気配が無く

そもそもカイロ自体が暖かくならないという不思議現象の前に
為す術もなく とりあえずそのままにしておきました


しばらくして母が「何故カイロを買ったのに使わないのか」と聞いたので
「これ暖かくなれへんで」と返答をしたところ

「そんなことはない 現に今暖かい」と強固な主張が返ってくる

母もスニーカー履きだったため 両者の違いは足の形状しかなく
そこに視点を定めてよくよく観察をしてみたところ


私が扁平足であるため 足と靴の間に通るはずの空気が通らず
カイロの酸化作用が進まず 結果として熱も発さなかったという

もうどう対処していいのか分からない結論に達しました

生まれ持った性質 という意味では一種の才能なのかもしれません
  1. 2008/02/04(月) 23:17:01|
  2. エッセイ
  3. | コメント:4

グリーンアスパラ以上 名犬以下

人生というのは まさに選択の連続で成り立っているわけですが

今日はまたちょっと 大人な選択の仕方をしたような気がします


冬に太ってしまった分を取り戻そうと 最近は極力歩いている私

今日も日用品を買うついでの散歩にと
家から5キロほど離れているホームセンターに歩いて行きました

散々商品を物色して どれを買おうか迷った挙げ句
結局のところは何も買わずに帰るといういつものパターンでしたが

事件はその後 無駄足的感情も抱きながらの帰路で起きました


簡単に言えば 軽くトイレへ行きたい気分に襲われたのです
しかも もらしたら人間としてどうかという大きさの方を

家まではあと1キロちょっと 我慢して家でするという手もある
そうすれば我慢に我慢を重ねて出したあの快感すらも味わえる

しかしその賭けに失敗したらどうなのだ?
私は一時の誘惑に逆らえず 瞬時に負け犬と化してしまうだろう

(まぁもしもらした場合そんな事は墓場までの秘密にしますが)


という葛藤あり 若干家までは遠回りになりますが
近くのコンビニでトイレを借りて 事なきを得たのです

実に下らないことと思うなかれ その選択ひとつひとつにもドラマがあり
それらを経験してまたひとつ 私も大人になっていくのだと思います


ただ おそらく急激に腹が痛くなった理由というのが
ホームセンターの自販機で買ったアイスクリームであるのは確実であり

そこで完全なるチョイスミスをしているのは否めない
  1. 2008/02/03(日) 22:44:27|
  2. 日記
  3. | コメント:0

プロフィール

我流

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。