思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

覚醒シューティング45歳

詳しくは長々と説明しなければならないので割愛しますが
大学の行事で照明(ピンスポット)を一日中扱っていたのです

ピンスポットが置いてある部屋が 講堂のかなり上の方に位置していて
ピンだけではなく 他の類の照明機材も設置してあります

その照明というのが白熱球を使用している為 点けたら熱を持ち
つまりその部屋がかなり暑くなる という事を予備知識として知っておいて下さい


そのクソみたいに暑い部屋の中で およそ7時間殆ど休み無しで立ち仕事
虚弱極まりない私の身体が耐えられるはずもなく

終わった後には 鎮痛剤すら効かない頭痛が発生し

それに伴う吐き気も尋常ではないレベルに達してしまい
もはや「喋ったら吐きそう」という状況の中 とっとと帰ろうとするのですが

帰りの電車の横揺れ縦揺れにも悩まされ ようやっと終着駅に着いたら

今度は今度で 自転車に乗って帰らないといけない私の通学事情を呪う


その途中 駐輪場まで足を進める私へと優しい声を掛けてきてくれたのは
私がとても弱っている事を知っているのでしょう キャッチセールスの方々でした

「お時間少々大丈夫ですか?」

― そんな時間あるならば俺は家に帰って寝たいところなんだが

いつものように無視を決め込んでいたのですが あまりにものしつこさと
体調の悪さから来る 胸糞と気分の悪さからついつい本音が出てしまったのです


「今吐きそうだから!」


それが思ったよりも大声で響いてしまい キャッチの人のみならず
街を行き交う幸せそうなカップルや飲み会帰りの若者にまで届いて

広島の街中がほんの一瞬だけ 暗黒に包まれた事すら無視を決め込んで

本気で吐きそうな私は歩調を速めて人の顔なんか見ずに立ち去りました


家帰ってテレビ見てたら治りました
スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) 23:59:35|
  2. 日記
  3. | コメント:0

13日の金曜日にジェイソンが治水工事に現れる

変な夢を見ました

夢の中で私は「日本法制史」という授業を受けているのです
(この授業は実際にうちの大学にあり 私も受けています)


その授業で 外部から人を呼んで講演会をやるらしく

何故か法学の授業なのに そのゲストが大相撲の錣山親方(元関脇・寺尾)で
しかもその傍らに 先場所初優勝を果たした大関・琴欧洲まで居る始末で

なんとまぁ自分が大相撲に傾倒しているかがよく分かるのですが それはともかく


両者共に憧れの存在ですから 何とか握手でもして貰おうと思い
(因みに琴欧洲にサインを貰った事はある)

錣山親方のもとに行くと 何だか妙に親方がでかく見える
現役時代からそれほど身体の大きい力士ではなかったのに おかしいな

かと思ったら琴欧洲が異様に小さい 見た感じ162cmくらい

変な話しですが そこで今自分が居る世界が夢であると気付き
それでも親方に一応「豊真将勝ち越しおめでとうございます」と言い


そうこうしているうちに両者退場 そこで司会の先生が一言

「錣山親方と 琴欧洲そっくりのフリーライター山本さんでした」


我が夢ながら なんだそのオチは
  1. 2008/05/30(金) 23:59:15|
  2. 日記
  3. | コメント:0

社長の吹く息で運休

実は今風邪をひいていまして 体力の低下も著しく
28日の夕方5時から翌日29日の朝6時まで熟睡していたのです

実に13時間も寝てしましまうと 様々な現象が起こります


・ 寝過ぎて逆に頭が働かなくなる

・ 身体の節々(特に腰の辺り)に痛みを感じる

・ 出来事の時間軸にずれが生じる
2日前に起きた重大事件が1ヶ月前程の事に思える

・ 変な夢を見る
この日は知らない男と自らのモノを比べ合う夢を見た


普段の私との差異はそれほどありません
  1. 2008/05/29(木) 23:59:27|
  2. 日記
  3. | コメント:0

鯛二匹

「社長 これが今度の目玉メニューですか」

「そうだ菊池君 すごいだろう」

「確かにすごいですけど………何ですかこれは」

「うむ 名付けて『牛丼丼』だ」

「ぎゅうどんどん?」

「そうだ 今までの我が社の牛丼にボリュームが足りないという意見があってな」

「はぁ」

「そこで丼めしの上に牛丼を乗せてみるというアイデアが出たのだ」

「はぁ」

「こうすることでご飯が通常の2倍になる 大幅なボリュームアップだ」

「はぁ」

「丼をもう一段階丼にするという発想も話題になる こいつは売れるぞ」

「牛丼のご飯大盛りじゃ駄目だったんですか」

「そこは気分の問題だよ」
  1. 2008/05/27(火) 23:17:40|
  2. ネタ
  3. | コメント:0

かまびすしい

お腹が痛くなったので デパートのトイレに行って
洋式の便器にズボンを下ろして座ったところ

便器のフタを開けずに座ってしまい 「こりゃイカン」となったので


今度はちゃんとフタを上げて座ったら

便座まで上げてしまっていて お尻が便器内に着水したんです


なんだ俺は 昔のマンガか
  1. 2008/05/25(日) 23:54:11|
  2. 日記
  3. | コメント:0

なんだかどうてもいいことを書いているなぁ

こう見えて 悪戯が大好きな私

弟が風呂に入っていたので ドアを開けてコップで水を撒いてやりました
当然の如く弟は「冷たい!」と叫び 怒り出すのです


弟は「ひどいじゃないか!」と主張するので
私も負けじと「ひどくないよ」と主張を仕返します

すると弟はまた「ひどいじゃないか」と主張するので
私もまた「ひどくないよ」と主張を仕返します

そうしたらまた弟は「ひどいじゃないか」と主張するので
私もまた「ひどくないよ」と主張を仕返します


私は「これぞ“水掛け論”だ」と ギャグを飛ばしたかったのですが
弟はそのやり取りを3回繰り返したところで 諦めてドアを閉めました

兄の権威はこうして失墜していくのです
  1. 2008/05/24(土) 23:32:18|
  2. 日記
  3. | コメント:0

職務に対する意識向上

特に意味はありませんが 「贅沢」という文字を「贅肉」に置き換えて
文章を再構築してみたいと思います


「贅沢三昧!旅行プラン」 → 「贅肉三昧!旅行プラン」

「頑張ってる自分に ちょっとした贅沢を……」 → 「頑張ってる自分に ちょっとした贅肉を……」

「贅沢は敵だ!」 → 「贅肉は敵だ!」


とりあえず 最後のは紛れもない真実ですね
  1. 2008/05/23(金) 23:59:57|
  2. ネタ
  3. | コメント:0

火曜日の男の存在

人に恐怖を与えるには 訳の分からない状態に陥れればいいんだと思います

始めて来た土地で始めて見る人しか周りに居なくなると途端に心細くなる
「知っている」とはある種の頼りにあたるのです


不意に思い立って 知らない人に恐怖を与えたいと考え

授業の度に座る机ひとつひとつに 同じ文面の落書きをしています
(教室は授業によって異なり 席も指定されていません)

文章を考えます どうせなら「何故ここに書いたのか」と
読み手に訳の分からなさを与える内容が良いです

しかしまるっきり嘘やデタラメを書くのも芸が無いので 雑学を披露しました


「サザエさんとマスオさんはお見合い結婚」


この文章を大学内にばら撒くのです 机に書いてある必然性はありません
1つなら他愛のない悪戯書きですが 同じ文面を複数見たらどうなるでしょう

訳が分からなくなるに違いありません 恐怖です


見知らぬ誰かが恐怖に喘ぐ姿を想像しながら 授業を受けるべく席に着くと
偶然にも以前書いた落書きに出くわしました 同じ席に座ったのです

その落書きには矢印が引いてあり 「ヘェー」「そうなんだ」等と
他愛のない雑学に感心するレスポンスが書き込んでありました


心の洗われるような思いでした
  1. 2008/05/21(水) 22:15:27|
  2. 日記
  3. | コメント:2

傘を盗まれた(今期4度目)

「虫が付いている」と嘘を言って 女性の体を触っていた常習犯
通称「虫男」が逮捕されたというニュースを先日見たのですが

今日私も それに程なく近い状況に遭遇しました

とは言っても男のセクハラ現場ではなく 女性の体に虫が付いていた話です


電車に乗って帰っているとき ふと前に座っている女性を見てみると
首元や胸元の辺りをハエのような虫が留まっているのに気が付きました

しかも私は気付いても 当の本人は全く気付いていないらしく

しかし別に私が女性にその事を教える義理は無いし
下手をしてしまえば「体を触った」と誤解されて逮捕されてしまうかもしれない

もし私が性犯罪で捕まったら友人達は「いつかやると思った」と感想を漏らすだろう
普段の生活態度に問題があるだけに それは絶対避けたいところです


という訳で ぢっと傍観を決め込んでいたところ
その虫もしばらく女性の体を徘徊して どこかへ飛んでいきました

女性にしてみれば「知らぬが仏」といった状態で
私にとってみても 捕まらなくて良かったということなんですが

よく考えてみると 虫をずっと観察していた私は
同時に女性の首元・胸元もずっと観察していた訳でして


捕まらなくて良かった
  1. 2008/05/21(水) 01:40:59|
  2. 日記
  3. | コメント:3

演歌級教育システム

以前よりブログにもちょくちょく書いていることなのですが

客として私を担当するレジの機械が不調を起こしたり
自動ドアが私を認識してくれず 挙げ句の果てに全く開かなくなったり

電気製品を(無意識的に)壊しがちなところのある私


先日 友人が「いちご牛乳をあげよう」と言ってきたので
喉も渇いていたので快く受け取ろうと手を伸ばした瞬間

僅かに触れ合った指と指の間に「バチッ」と衝撃が走ったのでした
いわゆる「静電気」と呼ばれる現象です

しかし時期は 真冬ならまだ分かるもののもう既に5月を回っており
しかも人体と人体間に電気が通るというのは今まで味わった事がない

(どちらも電気の通りそうな金属類は身に付けていませんでした)


結論付けるには 立てられた仮説がただひとつ

私か相手のどちらかが 静電気をため込みやすい体質だということです


もしそれが私の方に当てはまる性質なのであれば

よくレジを壊したりするこの不思議現象の解明に一歩近づける気がする!
  1. 2008/05/19(月) 23:59:36|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

紛れもなし

hansen.jpg


オカンが勢いでWiiを買いました
  1. 2008/05/17(土) 23:16:03|
  2. 日記
  3. | コメント:1

文体を取り戻すのが大変よ

“古い”という事は なかなかに素晴らしい事なんです


「貝塚」と呼ばれる 昔の人のゴミ捨て場は今や遺跡のような扱いで
規模によっては教科書に載って 全国の児童や学生が学習するのですが

当時にしてみれば 単なるゴミ捨て場です
しかも生ゴミばっかり捨てていたから 臭かったり小バエが湧いたりしたはず


そんなどうでも良い むしろ忌みの対象であるような物でも
資料学的価値のあるレベルまで歴史を見出せば 評価も増すというものです

幸いにも私は このブログを3年前という比較的早い頃からやっているので
これからも続けていったら ギネスに載ったりするでしょうか


私が60歳や70歳になって ブログに何を書いているのか
想像もしたくないのですが 多分「間違って昼飯を2回食べちゃった」とか

19歳の今現在でもやりかねないような失敗をしていることでしょう
  1. 2008/05/16(金) 20:54:31|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

25メートルプールになみなみ注がれた醤油

大学前の駅にて 若い男がティッシュを配っていたので
まだまだ鼻の状態が紙を欲している私は快く受け取って

しかしこれは何の宣伝で配っているのでしょうと 裏面を見たら

広告の紙が入っているだろう部分に 何も入っていませんでした
無論ティッシュペーパーを包むビニールにも印刷は無し


普通に考えれば 単に入れ忘れただけのような気がしますが

あの男の人は 鼻炎の私にティッシュのみをくれたのだと


そう考えたら なんだか人に優しくなれそうな感じがしました
  1. 2008/05/15(木) 20:32:53|
  2. 日記
  3. | コメント:2

虫増える

大学の授業の1限目は 大体午前9時から始まるものなのだと思います


今日は朝目が覚めると既に9時を回っており
1限目から授業を入れていた私はもう絶望するしかなく

とりあえずこのままだと2限目にすら間に合わないので急いでいると


その時届いたメールにより 友人も9時に起床した事を知り

インターネットの書き込みで また別の友人も今日は9時起きだと知り


この一致に 何か大いなる力を感じてもみましたが

単に私の周りに 私を含めて寝ぼすけが多いだけのようです
  1. 2008/05/13(火) 21:17:09|
  2. 日記
  3. | コメント:0

食パンにおはぎ挟んで食べる

たまには普通の日記として 今日食べた物を書いてみましょう


朝 意味も無く5時という時間に起きて食パンをトーストして
それでも飽きたらず コーンフレークを1皿分食べました

昼 異様なまでに早い時間に朝食を食べてしまったので腹が減ってしょうがない
幸いにも昼休憩前の2限目が空き時間だったので食堂で定食を食う

夜 今日もサークルの練習で帰りが遅くなり
テーブルに置いてあったチャーハンと餃子を温めて食べる 中間管理職か俺は


私があまり日常について書きたがらないのは 日常は大して面白くないからです
  1. 2008/05/12(月) 23:59:38|
  2. 日記
  3. | コメント:2

水辺に生えた白詰草の香りとゴリラのアンダースロー

コンビニの若い店員の言う「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」が
滑舌悪すぎて別の言葉に聞こえるというのはよく言われる現象ですが

今日行ったコンビニ兄ちゃんの「ありがとうございます」が
私には「温めます?」に聞こえたという珍事が発生しました

(文字にすると非常に分かりづらいですが 実際に「温めます?」と聞こえるように
「ありがとうございます」と言ってみましょう 意外に違和感の無いものです)


しかもその時買った商品がアイスキャンデーの「ガリガリ君」だったので

「温めるわけねーだろ」と 危うくツッコミを入れるところだった
  1. 2008/05/11(日) 16:10:28|
  2. 日記
  3. | コメント:0

ミスターマウスウォッシュ 口臭予防を怠る

うちの大学には 通称「カルチャージャム」と呼ばれる
文化系サークルの合同発表会みたいな行事がありまして

我が演劇部も1ヶ月後のそれに向けて稽古を重ねているところです


初夏の訪れを感じさせる 一種の風物詩になっていて

「カルチャージャム堂々開催!」と書かれたのぼりを見て
「嗚呼 今年もこんな季節になったのだな」と思い

しかしこの「堂々開催」という表記がちょっと引っ掛かり

たまには「コソコソ開催」してみても面白いかもしれない
  1. 2008/05/09(金) 19:12:20|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

このタイミングで煎茶を飲め

若気の至りというか 小さい頃はよく喧嘩をしていたもので

しかも相手の漢字ドリルを破り捨てるなどという
姑息なバイオレンスさを全面に出した喧嘩スタイルを誇っていました


ちなみに「バイオレンス」と言おうとして誤って「ドメスティック」と言ってしまう事例は

調査の結果 結構な人数に当てはまるという事も分かっています
  1. 2008/05/08(木) 23:59:01|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

準優勝7回目

今年のゴールデンウィークは 私も出演していた演劇の公演で
ゴールデンでもウィークでも何でも無い ほぼ休み無しの期間でした

公演が終わり一息つく間もなくまた学校の授業が始まり
しばらくまだ 休みらしい休みも取れない状況が続きそうです


去年のゴールデンウィークは 地元広島の一大イベント
「フラワーフェスティバル」で とあるブースの接客アルバイトをしていました

そのバイトで知り合った人達が 皆とても気さくな人達で
オーナーやその娘さんなどとも気軽に話せるほど 仲も良くなったりして

しかしただ一人だけ どうにも馴染めない人が居たのです
名前を仮に「F」としておきます


Fさんは 私が最も苦手とする最近の若者的ファッションの人で
「近寄りがたい」や「怖い」という印象を抱かせる感じなのです

そんなこんなでFさんと全く喋らないまま バイト最終日の暮れ頃に
突然Fさんに「ちょっとその辺歩こうや」と呼び出されました

緊張はしていましたが 断る理由は別段見当たらなかったので一緒に居ざるを得ず

しかし「平和のメッセージを書いたろうそくを並べる」というブースに辿り着くと
Fさんはその格好には相応しくない 真面目な口調で話し始めました


「一人一人の力は小さいし こんな事をしても何にもならないかもしれない
だけどやってみる事で誰かに思いが伝わるんじゃないかって思うんだよね」


繰り返し言いますが 普段を見ているととてもそんな感じの人には思えず
意外なところを突かれて 柄にも無くちょっと感動をしてしまった私なのです

そしてFさんに向けて 極まった私はこう宣言しました

「俺 来年もこのバイトやります!」


しませんでした
  1. 2008/05/07(水) 23:48:32|
  2. 日記
  3. | コメント:2

恒例の降霊ショー

今日の夕暮れを少し過ぎた頃 夕飯も終わってのんびりしている時
ちょっと思い立って 近所のスーパーへ買い出しに行ったのです

流石は祝日の しかも夕方ともなれば人出は多く
その中をアロハシャツに便所サンダルで闊歩する私は明らかに異質ではありましたが

もう一組目を引く人達が どう見てもギャルとギャル男のカップルです


男の方はともかく 女の方が典型的なギャル系の格好をしていて
金に近い茶髪の頭は髪の毛が盛られて 歌舞伎の隈取りかというようなアイメイクが施され

それよりも気になるのが 「バブル期の再来か」と言いたくなるボディコンファッション
例に漏れず丈短めのワンピースに ガーター気味の網タイツでキメていて

しかしチラチラ覗き見るのはマナー違反です 日本男児たるものそんな事はしません


堂々と見ます

堂々と見ていると いつしかある事に気が付きました


ピンク色をしたワンピースの腰の辺りに 下着の物と思しきヒモの跡があり
そのヒモを後ろに方に辿っていくと………やはりヒモのみで構成されている

つまりこの女性はTバックを履いており それが確実に透けて見えるのです

「AVの撮影か何かか」としか思えない私も そこは日本男児でありますので
堂々と更にジロジロと 本能に任せて見ておりましたところ思わぬハプニングが


気持ちが悪くなってきた


喩えて言うならば 知らないオッサンのワキ臭を強制的に30分嗅がされた気分

パンツが見えるのは勿論嬉しいですが ここまで加虐的な代物を
しかもまざまざと見せられてしまうと 逆にキャパシティを超えてしまうものです

「とにかくここから逃げよう」と思って別の売り場に移動したところ
前の方からそのカップルが(と言うかその女が)現れて


前方部も透けている事を確認した私は ほぼ精も根も尽き果てた姿になり

人間界からの解脱も間もなくといったような顔で 買い物を済ませて帰りました
  1. 2008/05/04(日) 22:27:02|
  2. 日記
  3. | コメント:2

カレー粉で染めた黄色い米

世の中を変える発明というのは まず誤解されるのが付き物です

ライト兄弟の飛行機発明においても 当時の世間の目は長らく冷たいものでしたし
発明とは言えずとも ゴッホの作品で生前売れたものは1枚のみというのも有名な話です


それを初めて見たとき 幼心の私はいたく感動したものです

よく分からない原理で 次から次へと色を変えていくその物体に
私はもはや発明ではなく「魔法」であると主張を続けていた覚えがあります

しかし それに対する世間の目は例に漏れず冷たいものであり
周りの大人達は「子供達に与える害を有する」として それを私達から引き離しました


時の流れとは偉大なものです 私も昔より大人になったつもりです
定収入でなくとも自らの働きで稼ぎ 自らそれを手に入れました

有害であるとの指摘も 今や誤解であるとパッケージに記載されています

私は過去に同じような経験をもつ同志数人と それに水を垂らし練りました


080428_1300~01


友達と一緒に「ねるねるねるね」で遊んだんです
  1. 2008/05/02(金) 22:10:15|
  2. 日記
  3. | コメント:2

明日こそナイスですね

常々私が「神の作りたまいし」食物だと思っているもの

カレーライスであるとか餃子であるとか 色々と該当するものはあるのですが
最近はカルビー「ポテトチップス 九州しょうゆ」がマストアイテムです


「鹿児島県産地鶏を使用して 鶏だしの風味がいちだんとアップしました
九州地域でおなじみの甘口しょうゆ味のポテトチップスです」

という叩き文句通りに スナック菓子のくせに風味たっぷりな
甘辛テイストもたまらない 一度食べたら病み付きになること請け合いな味


この商品のイメージだけで 私の九州に対する好感度がグンと増したものですが

忘れてはいけない 我が郷土広島にも「ポテトチップス 広島お好み焼き」というのがあるのです


ちなみにカルビーのオフィシャルサイトには載っていませんでした
  1. 2008/05/01(木) 21:42:24|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0

ワキというのは臭うものなんだ

080427_1944~01


水分を欲しているのならば スイカなんぞ食っていないで
素直に飲料を飲めばいいと その時は思ったのです


しかし後で調べてみると 牛乳よりもキュウリの方が
水分含有率のパーセンテージが高いという調査結果を知り

それだったら下手に牛乳飲むより効果的に水分が摂取できるのだな と


しかし 炎天下の中バリバリとキュウリを生かじりするのはどう考えても様にならない
  1. 2008/05/01(木) 00:00:46|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

プロフィール

我流

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。