思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

追憶の情念(泉谷しげるヴァージョン)

バイトでレジを担当して始めて知った事なのですが

レジスターを打っている時に 店員がチラッと客の顔を見る仕草を確認し
前々から時折「何を見ているのか」と怪訝に思う事があったのですが

あれはレジに「客層キー」なるものが設置されているからなのです


恐らくどういう年代の客が利用したのかをデータに残す為だと思うのですが
値段を通してお釣りを渡す直前に 男女年齢層別になったボタンを押す仕組みになっています

うちの場合だと「中高生」「若者」「壮年」「熟年」という区分けになっており
預かり金額を打ち込んでそれを押し 初めてレジスターが開くのです


つまりレジを担当している際の店員さんのチラ見は
客を見ながら「この人はどれくらいの年齢だろう」というのを確認する為であり

それはそれで失礼ですね
スポンサーサイト
  1. 2008/10/11(土) 21:59:18|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2

プロフィール

我流

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。