思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タッキー&翼&スタスキー&ハッチ

最近極めて狭い仲間内で
回文が流行っています

知らない人は居ないと思いますが 一応回文の説明をすると
「しんぶんし」など 上から読んでも下から読んでも同じになる文章のことです


今日は回文仲間であるN氏と共に
事あるごと 回文を作っていました

N氏は「ヨーダだよ」「ケイン行け」など
切れ味があるのかどうなのか分からない回文を作り上げていたのですが

私はなかなか思いつかず
艱難辛苦の時間を過ごしていました

そしてようやく思いついた回文が


『遺作が臭い』



―1900年代前半にロシアで活躍した小説家ニマルスキー
古典的文法とモダンな表現を融合させた作風は当時の文壇に衝撃を与えた

そんなニマルスキーが死んで24年経った2005年
ニマルスキーの作業場を整理していた子孫が偶然見つけた未発表原稿

未発表作だった
もう既に出尽くされたと思われたニマルスキーの作品
それがまだ残されていたとは

すぐさま発表され ベストセラーとなり
原稿の学術的価値は計り知れないものとなった

しかしながら
この原稿にはとんでもない秘密があったのだ


「異臭がする」
この原稿を見た人が口を揃えて放つ言葉である

24時間履き潰した靴下と納豆を和えたような臭い
いくら貴重な原稿とはいえ 不快に感じない方がおかしいようなその臭い

結局この原稿は
美術館へ寄贈され 厳重に保管されてあるという



そんなドラマも浮かび上がってくる回文です

『遺作が臭い』
スポンサーサイト
  1. 2005/01/14(金) 23:51:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俺の気まぐれ更新 ~夏木マリは耳がでかい | ホーム | お人好し人生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviewsick.blog2.fc2.com/tb.php/28-424706d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

我流

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。