思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイマイミーマインな日本の私

大相撲夏場所 7日目までの主な感想


・ 右ヒジを痛め3日目から朝青龍が休場

どうにも残念としか言いようがない トップニュースです
17場所も横綱不在時代は無かったわけですから 見る側としてはやっぱり物足りない

一度ケガしてしまったものを責めてもしょうがないのですが
気になるのは 朝青龍の「加療2ヶ月」という公式発表

来場所出場も微妙というところらしいのですが
このまま悲劇の横綱なんぞにはなってもらいたくない 復活を祈っています


・ 新入幕の2関取が活躍

若手力士が2人そろって新入幕ということで 場所前から大いに盛り上がっていました

ひとりは“エストニアの怪人”こと把瑠都(ばると)関
197cmに170kgという堂々たる体格と怪力が自慢の関取です
先場所では北の富士以来43年ぶりの十両全勝優勝を成し遂げ話題になりました

もうひとりは下関市出身の豊真将(ほうましょう)関
錣山部屋(元関脇寺尾が親方)が輩出した初めての関取で
バランスのとれた体格に豊富なけいこ量で今後を期待されています

私の感想としては 把瑠都にはまだ荒さが残るものの大器っぷりは充分
豊真将は腰の低さと下半身の強さを武器にした粘りが目立ち

要するに どっちの力士も話題性に留まらない実力を感じるということです


・ 個性派力士が土俵を盛り上げる

高見盛関が独特の「気合入れ」ポーズで盛り上げるのはもはや有名ですが

今場所は高々と足を伸ばす美しい四股で魅せる片山関
派手な塩撒きと熱い漢のキャラクタで人気急上昇の北桜関
土俵際の粘りと相手を振り回す相撲が板に付いてきた安馬関など

既存の型を打ち破る個性的な力士がファンを盛り上げています

特に4日目の北桜-把瑠都戦と 5日目の栃東-安馬戦はお見事

新入幕の把瑠都にベテランの技と心を見せつけた北桜関は
何故かインタビュールームにも姿を見せて好調ぶりをアピール

「まだまだ24歳なので」と お得意の年齢詐称トークからも
幕内最年長(34歳)ながら“これから”すら思わせる力強さを感じました


・ “もみあげ力士”闘牙関が引退

突き押し相撲に濃いもみあげで人気を博しながらも
最近は腰痛に悩まされ 引退を表明した元小結闘牙関

またひとり名物力士が土俵を去るのは寂しい限りですが
今後も準年寄として影ながら相撲を支えるそうなので 頑張ってほしいものです

彼の意志は“2代目もみあげ力士”隆の鶴が受け継いでくれることでしょう
本当にお疲れ様でした
スポンサーサイト
  1. 2006/05/13(土) 22:59:21|
  2. エッセイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<管理人現在農作業中 田のほとりよりお送りします | ホーム | 垣添関は若手芸人みたいな顔だと思う>>

コメント

よし、次は相撲の決まり手で穴埋めしよう!
て、多っ!
  1. 2006/05/15(月) 13:06:37 |
  2. URL |
  3. ひまわりめろん #-
  4. [ 編集]

合計で87つもありますよ こりゃ当分持ちますなぁ
しかし「倒し」とか「落とし」がやたら多いので難しいかも

「内○○○無双」とかも どうすりゃいいんでしょ
  1. 2006/05/15(月) 20:53:44 |
  2. URL |
  3. 我流at管理人 #N8lWyR9g
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviewsick.blog2.fc2.com/tb.php/448-f4f215b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

我流

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。