思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野島冴絵「流氷」を読んで PART.2

平成18年度大相撲名古屋場所雑感Ⅰ


・ 朝青龍の復調8連勝

色々と見所も多いし 言いたいことも数ある今場所ですが
私が一番に挙げたいのは 先場所右ヒジを負傷し途中休場した朝青龍

加療2ヶ月と聞いていたので 正直なところ全力相撲はとれないのではと思っていましたが
フタを開ければ何のことはない 今まで通りどころかそれ以上の気迫こもった横綱の姿でした

特に4日目の対琴奨菊関で 痛めていた右腕での攻めを解禁した豪快な上手投げは見事

ここまでの取り組みで 優勝は朝青龍かなと腹づもりが決まってしまった私
この予想をどこまで裏切ってくれるか 白鵬や栃東の活躍にも注目です


・ 露鵬がカメラマンを殴り3日間の謹慎処分

できれば触れたくないほどの残念な事態
白露山との「兄弟ロシア力士」としても有名な露鵬(ろほう)関が事件を起こしました

事の始まりは大関千代大海との一戦 負けた露鵬と大関が土俵下で口論を起こし礼をせず退場
審判部が両力士に注意をするものの 怒りの収まらない露鵬は風呂場のガラス戸を割り
その後取り囲んだカメラマンを殴りつけ病院送りにした というのが真相だそうです

本人は反省の色を見せており 処分も3日間の出場停止というごく軽いものだったが
やはりスポーツマンとして 民間人に手を出すというのは何があっても慎むべきで
大相撲の品格などを差し引いてもあまりな出来事でとにかく残念な一件でした

ここで立ち止まるのではなく 謹慎明けから一層の精進を目指してほしいと思います
それがせめてもの 被害者とファンへの罪滅ぼしになるはずです


・ 皇牙の活躍&安馬の(星取表上の)不調

ここからは私の趣味になりますが まずは十両の皇牙(おうが)関

結びの一番が終わった後に一日のシメとして「弓取り式」を行うのですが
その弓取り式も担当する「弓取り力士」として名を馳せている皇牙

先場所十両に上がったばかりにも関わらず 十両優勝決定戦にも出場
立ち合いの巧さと押しの強さ 弓取りで鍛えた胆力が武器です

その皇牙が初日から6連勝 その後2敗を喫するものの
「弓取り力士は大成しない」というジンクスを破る勢いを取り組みから感じました

一方の幕内 安馬(あま)関なのですが 先場所負け越しで小結を陥落し
今場所も中日を終えて2勝6敗といまいち成績が振るいません

ただ 相撲内容は相手を振り回すかのような立ち回りと
得意の粘りを活かした熱戦で場内を沸かせています

特筆すべきは2日目の対琴光喜関でのこと
四つに組んだ状態で2度押されながらも 俵につま先だけを残す脅威の粘り腰を披露
結局琴光喜に上手投げで敗れましたが その闘志には感動すら覚えました

いやはやこれだから 相撲は奥深くて面白いわけです
次々と現れるニューヒーローの今後に期待しながら 後半戦も楽しみにしています
スポンサーサイト
  1. 2006/07/16(日) 21:51:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イソプロピルメチルフェノール | ホーム | 7月13日は北斗晶の誕生日でした 普通の日記を書きます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviewsick.blog2.fc2.com/tb.php/498-30cbbf2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

我流

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。