思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月8日はCDレビューの日(来年は知らない)

kmklscr.jpg

木村カエラ 「SCRATCH」

日本の女性シンガー 木村カエラの3rdアルバム

もうこんな紹介も要らないような人だとは思うんですが 一応
元々は雑誌モデル出身なのですが 最近では完全に歌手&タレント活動に従事
その歌も色々な処でかかっているので ちょっと耳にした人も多いでしょう
かくいう私もCMで聞いた「TREE CLIMBER」でこのアルバムを手に取った次第

これを聞く前に前作「CIRCLE」も聞いていたのですが
奥田民生や岸田繁といった濃ゆい作曲陣に負けない声の存在感は今作でも変わらず
今回もBEAT CRUSADERS(なんとバックバンドも担当)やASPARAGUS
その他ロック野郎&娘(言い回しが古い)なら目玉釘付けになるアーティストが参加しており

しかしながら 誰が作った歌でもひょいと乗りこなしてしまう彼女の
良い意味での「器用さ」というのがうかがい知れて
結局このCDも完全に「木村カエラのアルバム」と言い切らざるを得ない様子
まずはビッグネームに好奇心揺さぶられて 次第にカエラファンになればいいじゃない的一枚です



koksard.jpg

KEEP OF KALESSIN 「ARMADA」

ノルウェーのブラックメタルバンド キープ・オブ・カレッシンの3rdアルバム

妙に綺麗なジャケットやアルバムロゴ メンバー写真からは
殺伐としたノルウェイジャン・ブラックの空気というのは感じられませんが
その中身も分かりやすいギターメロディが乗るなど かなり聴き易い部類

しかしながらドラム中心のリズムが異様に速い 猛烈に速い
おまけに緩急の付け方が上手く 勇壮な歌声と吐き捨てデス声を使い分けるボーカルも
全てがドラマティックさを演出する要素と成り得ているのが凄いところ

このドラマ性というのはノルウェーブラックの大御所 EMPERORを思わせますが
1作前のMCDではSATYRICONよりフロスト MAYHEMよりアッティラという大物も参加しており
そういう観点でも妙なつながりを持つ 不思議なバンド
ともあれメタラーには隙あらば聞いていただきたい 至福の一枚です
スポンサーサイト
  1. 2007/03/08(木) 22:16:01|
  2. CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月9日もCDレビューの日(来年は知らない) | ホーム | ジャンビニエンスストア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviewsick.blog2.fc2.com/tb.php/672-6579ddf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

我流

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。