思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3月9日もCDレビューの日(来年は知らない)

pphaemb.jpg

PSYPHERIA 「EMBRACE THE MUTATION」

アメリカのテクニカルデスメタルバンド サイフェリアのアルバム

何しろ検索しようが何をしようが 得られる情報の殆ど無いマイナーバンドなため
何枚目のアルバムなのか そもそも他にアルバムを出しているのかは不明
「いかにも極悪デス」風なジャケットでついつい買ってしまった私も
未だに戸惑いを隠せない 埋もれた名盤として語り継ぎたい作品です

推測するに90年代アメリカで起きたムーブメントに影響を受けたバンドらしく
手数の多いドラムとむやみやたらな展開はプログレ・デス的ではありますが
何と言ってもこのバンドの特徴は 怪しげな音階を奏でるキーボード
時には主旋律を思いっきり無視してまで 特徴的な音色を無理矢理聞かせるキーボード

これぞB級メタルたる由縁で 私のような不真面目なリスナーはニヤリとしてしまいますが
各演奏陣の技術たるや 何故これが話題に登らなかったのか不思議に思ってしまうほど
ちなみに2曲目ではバッハの「小フーガト短調」を歪んだギターで導入しているなど
(ブリーフ&トランクスでお馴染み あの曲の有名なフレーズです)
妙な所で小技を効かせまくる 聴いていて楽しい音楽 こいつは大穴ですよ



cobaydy.jpg

CHILDREN OF BODOM 「ARE YOU DEAD YET?」

フィンランドのメロデスバンド チルドレン・オブ・ボドムの5thアルバム

チルボドといえば「メロデス」という言葉を世界に広め フォロワーも沢山生んだ
相当な有名バンド(ここからデスに入った私のようなメタラーも多いと思う)
その最新作ともなれば期待は勿論大きかったでしょうが 実はこれが賛否両論の問題作

キラキラしたキーボード主体の 北欧っぽさ全開!な前作までに比べて
今回はベースラインの目立つ 重ためのデスメタルになっていたからさぁ大変
フロントマンであるアレキシが起こした事故(酔っぱらって車の屋根から落ちた)のせいか
はたまたチルボドですら方向転換に至る時期に差し掛かっているのかという議論の嵐

しかしながら発表から1年以上経った現在では
「いくら方向が違えど 格好良いならそれでいい」という意見が圧倒的多数
私も大方はそれに賛成のため 単なる流れ説明をもってレビューと代えさせて頂きます
この単純な格好良いサウンドに身を任せれば 議論なんて無粋に思えてくる一枚です

(そういえば日本盤にはボーナスでブリトニー・スピアーズの「OOPS! I DID IT AGAIN」を収録
有名曲だからかギャグなのか ヤケに原曲に忠実なカバーで面白いです)
スポンサーサイト
  1. 2007/03/09(金) 22:52:14|
  2. CDレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<けん玉の達人 寒波襲来を危惧 | ホーム | 3月8日はCDレビューの日(来年は知らない)>>

コメント

サクラ色

CDといえば…
アンジェラ・アキのサクラ色、DVD付の初回限定買ったけど、貸す??
  1. 2007/03/10(土) 13:40:26 |
  2. URL |
  3. 悪魔 #OARS9n6I
  4. [ 編集]

是非とも! 後ほど連絡するので是非とも
  1. 2007/03/11(日) 21:15:16 |
  2. URL |
  3. 我流at管理人 #N8lWyR9g
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviewsick.blog2.fc2.com/tb.php/673-2b63e372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

我流

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。