思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はぐれキリシタン純情派

kanban.jpg


予定していた通り 昨日は大阪で行われている大相撲春場所を観戦

「卒業祝い」という名目ですが あまり家計の圧迫をすると小遣いが減るので
0泊1日という慌ただしいスケジュール内で 楽しんできました

(注) 今日の日記には相撲が分からないとどうしようもない部分があります
ご了承下さい さもなければ明日からでも遅くない 相撲を見なさい


まず 何故大相撲でも「大阪場所」を選んだのか

学校も終わり入試も終わり 3月がヒマだったというのもありますが

大相撲が興行されている大阪府立体育会館の構造上
取り組みを終えて控え室に戻る力士を ごく近くで見ることができるのです

今までテレビでしか力士を見たことが無い私が今回掲げた目標は
「相撲の雰囲気を掴む 及びあわよくば間近で力士を見る」というもの

それを叶えるのに 大阪場所というのはピッタリだったのです


そして迎えた当日 三段目(番付)の中盤辺りから観戦を始めて

期待の新鋭米村や 細い体で力の入る相撲を見せてくれた隆の山
水入りとなり計6分近くの大相撲で沸かせた加賀谷-出羽鳳戦などもありつつ

私が敬愛する郷土出身力士 北桜を見るべく十両の土俵入りを観覧
化粧まわしを着けると色の鮮やかさもあり 場が華やぐのが良く分かりました


そして一路 取り組み後の力士を間近で見られるという売店前にダッシュし

見てみると 控え室(支度部屋と言う)のドアが殆ど目の前にあり
覗き込んでみたら なんと準備をしている力士の姿が丸見え

幕内土俵入りに向かう有名力士もその場で見られるというナイスポイントだったのです
(近くで見た栃東や魁皇は流石に迫力が違う オーラが出てる)


そして私のひいき 北桜関というとファンサービスの熱心さで有名
試合後出待ちをしているお客さんにはハイタッチをしてくれたりします

実は入り口でしばし力士の入館を待ち構えていた私は
北桜関を見るなり興奮して握手を求めてしまい(試合前の大切な時なので本当はタブー)

それでも「いらっしゃいませ」の言葉と共に優しく手を握ってくれた関取
もうこれだけで「来ただけの甲斐はあったな」と思っていたのですが
実際ハイタッチにも参加し 熱い男っぷりをこの目で見られてもう幸せの境地


しかし話はこれで終わりません

幕内土俵入りの後 勝負審判の交代や土俵の整理などで時間が空くため
売店前に待機しておき 関取が帰るところを見届けようと思ったのです

そして出てきた北桜関 その場にいた人のどよめきからも人気が伺えます

なんとかして言葉が交わせないかと近づいたら
私の横に居た人が関取の知人らしく 出るタイミングを失いただ呆然

あきらめかけていた頃 色紙を出してサインを求めている人も出現
その依頼をすんなり受けている関取の姿を見て
「こりゃあ本物だ」と思った私 慌てて自席に戻り色紙を取ってこようと決心しました

(この間母が関取を引き留めようと話しかけたそうなのですが
応じるどころか気さくに会話もしてくれたらしく 母も感激していた)


shikishi.jpg


息が切れているうえ 憧れの人と対面して完全にアガっている私に
サイン(上はその写真 隠した部分には名前まで書いてくれている)をしながら話し

しかもその後 北桜関と母と私で記念撮影までしてくれるという
噂にたがわぬサービス精神 ファンを大切にする熱さを感じました

もちろん私は思ってもみない事態に有頂天 言葉で表せないほどの幸せ
18年生きてきてもそうそうは無かった まさに夢のような出来事だったのです


その後は観戦者マナーにのっとり取り組みを見るのですが
流石に大関・横綱ともなると入場しただけで空気が変わります

特に横綱朝青龍 なんだかんだと問題点も指摘される人ではありますが
あの一瞬に賭ける気迫というのは生で見て初めて分かるもの 本当に凄い

「番付が上の人というのは それ相応のオーラを持っている」
というのが感想 視覚と音と雰囲気はやはり生見物に限るでしょう

それに桟敷席や枡席の近いところだと 土俵からごく近いのもあって
他のスポーツより 選手と観客の垣根が小さいのも相撲の良いところ

最後心に決めたのは いつか大阪に限らず他の場所にも出向こうという新たな目標です


ちなみに3年ぶりくらいに 関西圏の地を踏んだのですが
あまり中心地に行かなかったからか 典型的な大阪オバちゃんを見ることもなく

(「はねるのトびら」でいう 塚地家の奥様みたいな人)

それほどコテコテの関西弁で喋る姿というのも あまり目撃しませんでした


しかしながら 途中の道で聞いた街宣車から流れてきた音声

「現在の国政制度に“なんでやねん”の声を上げましょう!」

の“なんでやねん”というイントネーションがやたらと美しく
「これが関西のノリか」と 若干間違った方向に関心しきり
スポンサーサイト
  1. 2007/03/16(金) 22:41:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現実主義者の孤独なる戦い(主にピーマンと) | ホーム | 最近チョッキを着ている人って見ない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://reviewsick.blog2.fc2.com/tb.php/678-68e3f2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

我流

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。