思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目に余る浜口

童話「赤ずきんちゃん」についてなのですが

もう大多数の人が気になっているだろうあの名シーン
ハンターがオオカミを帝王切開してずきん女とバアさんを救出する場面です


肉食動物の歯というのは 獲物を倒すための単なる武器であり
食物を噛み切ったり すり潰したりして食べることは基本的にないため

腹を開いたら2人がそのまま出てきた というのはまだ納得出来る点です

野生のオオカミは過酷な生活に適応するため 食い溜めに適した体をしており
一度に大量の肉を食べることができることも分かっていて

この点から 2人もの人間をペロリたいらげた部分にも目をつぶりましょう


しかし 胃の中に居ただろう2人が全く溶けずに姿を保持していたのは分からない

口→食道→胃と 各器官を3つも通って
しかもそのうち2つからは消化液も出ているというのに平気というのは

それだけの強靱さを持つ2人だったら おそらく胃をも乗り越えて
小腸と大腸も軽くスルーし 無事肛門から脱出できたのではあるまいか

ハンターも別に帝王切開する必要は無かったのである


そしてオオカミは切れ痔になる! それがこの童話の教訓
スポンサーサイト
  1. 2007/09/08(土) 23:22:15|
  2. エッセイ
  3. | コメント:0
<<スローな鰤にしてくれ | ホーム | 昨日の日記は母から反響があった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

我流

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。