思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再降臨!テーマソングを歌う女

子供の頃の一大イベントの一つに「歯が抜ける」というのがあります

今でこそそんな感覚は忘れてしまいましたが
乳歯がグラグラして いつ抜けるか分からないドキドキ感

あの緊張と ほんの少しの背徳感が子供ながらにたまらなかったのです

(歳をとったらとったで また新しい歯の抜け方は味わえますが)


そこで思い出したのが 小学3年生くらいの時の歯抜けエピソード

当時から私は歯だけ頑丈で 乳歯もなかなか抜けきらずに
仕方なく歯医者で抜いて 歯茎を焼き切るという手術をしたこともあり

その時もグラグラしている期間が結構長く 油断しきっていたのでしょう


駄菓子屋で買い揃えてきたお菓子の中に キャラメルがあったのです

何故か他の ふ菓子やきな粉棒(こういう地味な菓子が好きだった)には目もくれず
ミルクキャラメルをまず口に入れて 噛んでいたところ

柔らかくなったキャラメルに歯が刺さっていて
そのキャラメル自体も赤く染まっていたという 軽くスプラッタな光景に


母には「歯が抜けそうなのに何故キャラメルを食ったのか」と叱られ
私は私で 予想外の抜歯と血まみれの口の中にパニック寸前

事の顛末はあまり覚えていませんが とにかくなんやかんやあって

残り200円分くらいの駄菓子は 結局食わず仕舞いだったのでした


そのお菓子を誰がどうしたのかが 未だに気になっている事項です
スポンサーサイト
  1. 2007/12/26(水) 23:56:50|
  2. エッセイ
  3. | コメント:2
<<何でもTシャツにプリントする会 | ホーム | 空の貯水槽>>

コメント

昔の俺は駄菓子を買ってきては庭に撒いていたそうです

蟻にあげる と言っていたそうです

今では考えられない!
  1. 2007/12/27(木) 10:13:25 |
  2. URL |
  3. 夜葬歌 #rFxMBV.6
  4. [ 編集]

幼き日々の私は 何故か蟻が憎くて憎くて仕方がなく
近所の公園の砂場で蟻を蹂躙してばかりいました それに比べれば幾分かは大丈夫です
  1. 2007/12/28(金) 13:46:31 |
  2. URL |
  3. 我流at管理人 #N8lWyR9g
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

我流

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。