思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒いぜ!寒冷前線

「さぁ 待ちに待った世紀の大決戦! いよいよ幕が上がろうとしています」

「楽しみですね」

「解説にはティラノサウルスの物真似選手権元日本代表 大本隆史さんをお呼びしています」

「宜しくお願いします」

「早速ですが大本さん 今日の試合の見所を教えて下さい」

「はい まずは向かって下手側に位置している『函館クロワッサンズ』ですね」

「前年度の優勝チームでもあります」

「このチームはですね 選手一人一人のミドルネームに恐竜を冠しているんです」

「ほほう それは何故でしょうか」

「強そうだからですね」

「なるほど 要である桐山“イクチオサウルス”淳次選手など」

「ちなみにこの『イクチオサウルス』は魚竜に分類されるので 厳密には恐竜じゃないんです」

「他にも福原“モササウルス”俊彦や 野間口“ランフォリンクス”哲夫なども」

「モササウルスは白亜紀後期の魚竜で ランフォリンクスはジュラ紀の翼竜です
どっちも恐竜に分類されない 古代の爬虫類の一種です」

「完全にネーミングとしては間違っている訳ですね 何故間違えたんでしょう」

「適当に選んだからでしょうね」

「なるほど それでは対する『釧路パンパース』はどうでしょう」

「このチームも良いですよ 何しろミドルネームが恐竜です」

「見事に被ってますね 何故同じようなミドルネームの付け方をしてしまったんでしょうか」

「偶然ですね」

「なるほど 選手に関してはどうでしょうか」

「前年度得点王の山本“エドモントサウルス”洋次や 抜群の防御力を誇る口田“パラサウロロフス”良一
選手層の厚さと選ぶ恐竜のマイナーさがこのチームの魅力です」

「どちらの恐竜も竜脚亜目ハドロサウルス科ですね これは何故でしょう」

「全くの偶然です」

「なるほど では大本さんは この2チームが勝ち上がってきた事についてどう思われますか」

「順当な結果ですね」

「それは何故 そう考えられるでしょう」

「2つ以外の他のチームにゴールキーパーが居なかったからです」

「なるほど それは何故ですか」

「監督の采配ミスです」

「なるほど この2チームのゴールキーパーについては」

「函館の西田“マイアサウラ”淳平と 釧路の坂上“コリトサウルス”道夫ですか」

「どちらのミドルネームも竜脚亜目ハドロサウルス科ですが これは何故でしょう」

「偶然ですね」

「なるほど ではこの試合に期待することは何でしょうか」

「別に選手一人一人にミドルネームを付ける必要は無いと早く気付いて欲しいですね」

「なるほど いよいよ決戦の火ぶたが切って落とされます!」
スポンサーサイト
  1. 2008/03/23(日) 21:49:47|
  2. ネタ
  3. | コメント:0
<<豪速球・手品・カシミール地方 | ホーム | 記念日を迎えたとは思えないほど清々しい真顔>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

我流

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。