思考症

「毎日更新は無理」がモットーの不定期刊行ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

揺れるカーナビ

空港まで来た典子が見たのは「悪天候のため~」という電光掲示板の文字だった
満杯に荷物を詰めた大きなキャリーケースを下ろし ベンチに座る

あっという間の3年間だったような気がするし 長い気がした時もある

それもこれも 全部浩二のお陰であり 浩二のせいだった
私の3年は浩二に振り回されたけれど それでも良かったかなと今なら思える


不意に典子は「もう一度だけ顔を見たい」と思った
叶わぬ願いだとも思った 浩二が仕事ひと筋なのは私が一番知っていたから

この天候不順がずっと続いて 私が飛び立てないまま夜になって………

そこまで考えたところで やめた
どうせ裏切られる期待ならば 最初からそんなものは持たずにいよう


アナウンスが鳴った それはもうここに居られないという知らせである

チケットを持ってゲートをくぐり 機内へと向かうまではあっという間
それはあたしが今更紡ぎ出した 3年間の思い出と同期していたのかもしれない

椅子に座ってシートベルトを締める ぼんやりと外を眺めていた


不意に窓の外に浩二の顔を見た

自分に少しあきれる そんなにまで浩二の事を考えていたのか
浩二が居ないこれから私はどうするんだろう 忘れようと思って目を擦る

だけど窓の外にある 浩二の顔は消えなかった
今さっきよりも幾分かはっきりと見えるのは何でだろう


………居る 浩二が窓の外に居るんだ

最後の望みが 繋がった瞬間だった


その時またアナウンスが鳴る
でも今度は 私には旅立ちを祝福する鐘の音のように聞こえる



「ただいま機体がエアポケットに入りました」



飛んでいた 浩二は飛んでいた

今年で43歳なのに
スポンサーサイト
  1. 2008/04/16(水) 22:56:54|
  2. ネタ
  3. | コメント:0
<<書道五段の大工 | ホーム | 黄色のレシートをどれでも全部並べて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

我流

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。